スランプの乗り越え方~重富ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 5月 21日 スランプの乗り越え方~重富ver.~

【ポジティブな人が実行している、スランプを乗り越えるための3つのステップ】

 

お久しぶりです、重富です!(*^^*)

高校生はそろそろ定期テストで徹夜しまくる時期ですね…!

今は定期テストに目がいっているかもしれませんが、

今回は受験勉強で必ず訪れるスランプの乗り越え方について、3つに分けて書こうと思います!

 

①スランプを受け入れる

「スランプは成長痛」です。

スランプって頑張ってるときにしか来ないから、

逆にきたということはそれだけ実力がついてきている成長している、ってことだと思うんです。

成績が全然伸びなくなったときは悔しかったし辛かったけど、

小学生のときに背が伸びるタイミングで、足とか腕が痛くなるアレと同じだと私は思っています!

だから、できない自分を責めるのではなくて、

①これまでの頑張りの成果であること

②乗り越えたら大きな成長が待っていること

この2つを意識することが第一歩だと思います。

 

②何があれば伸びそうかを分析する

とはいえ、目的もなしに勉強し続けるのはナンセンスです。

伸びていないからには何かしらの原因はあるので、直近の模試をもとに自分で、または担当と分析をしましょう!

(ただ、スランプの時期は演習量が足りないだけで、ある程度の演習量を積んだとたん伸びることもけっこうあります!特に英語!)

 

③具体的な行動計画を立てて「次に何をやるか」を明確にする

分析ができたら、それを克服するための計画を立てましょう。

ポイントは、「計画が立て終わった瞬間にすぐ行動に移せるレベル」の計画を立てること!

例えば、

×次の模試までに文法の問題集をやる。

◯6月の模試までに文法の問題集を3周する。そのために1日5ページやる。

人の脳は次の行動を明確にすると前向きになれるそうです。

何事においても、落ち込んだらとにかく次に何をするか考えて手や体を動かすといいと思います!

 

これから梅雨に入って気分も落ち込みがちになりますが、

6月の模試に向けてみんなで頑張っていきましょう!

 

重富