センター直前勉強法~佐藤ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2016年 1月 5日 センター直前勉強法~佐藤ver.~

みなさんこんにちは!担任助手の佐藤です。

今回はセンター直前勉強法ということですが、私は教科ごとではなく全体的にセンターについてのお話をしたいと思います。

センターは基礎レベルの問題が多く出題されます。そのため基礎さえできていれば解ける問題がほとんどです。・・・と言われてもセンターはなぜか苦手って人いますよね。センターはレベル的には優しい問題が多く、できていないと結構厳しいことを言われます。点が悪いと必ず言われるのは「基礎がまだできていない」ですね。ですが皆さん本当に基礎ができていないかと言われるとそうでもなかったりします。センターを解く上で何が一番大事なことか。それはもちろん基礎も大事ですが、問題に対する慣れも非常に大切です。皆さんが第一志望校の問題を繰り返し解いている様に、センターもたとえ基礎レベルとはいえ繰り返しの演習が非常に重要になってきます。センター模試をある程度回数を受けている皆さんも気が付いていると思いますが、毎回毎回ほぼ同じ形式の問題が多く出題されます。つまりその形式に慣れてしまえばあとは問題を解く上での柔軟な頭があれば大丈夫。柔軟な頭というのは基礎の集合です。基礎を抜かして、難しい問題の解き方だけ頭に入っているのは柔軟な頭とは言えません。その問題以外は全く解けませんから。沢山の基礎知識を持ち、それを適所に使えてこそ柔軟な頭です。センターを解く上で重要なのは形式に慣れるということと、柔軟な頭です。今までたくさんの問題を解いてきた皆さんには柔軟な頭はもうあるはずです。点が悪いからって基礎を一から見直している時間はもうありません。形式慣れこそ点数につながる一番の近道です。