ラストメッセージ~瀧澤~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2017年 8月 26日 ラストメッセージ~瀧澤~

もんなかのみんなへ

 

こんにちは、瀧澤です(^^)

 

すごく久しぶりの登場な気がします笑

 

本当はラスト勤務のときにメッセージを載せようと思ったのですが、

ラスト勤務詐欺をしすぎたので、日本を出国する今日、

ラストメッセージとして更新させてもらおうと思いました。

 

長野校出身で、馴染めるか不安だった1年半前、

今では第2の母校のような存在になりました。

 

昨年の担任助手、生徒含め、すごく恵まれていたと思います。

仲良くなって、いろいろなことを話して、

みんなががんばる姿を間近に見ることができて、

すごく充実した時間を過ごせました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私からみんなへのラストメッセージとして伝えたいことは、

「もっと貪欲になってほしい」ということです。

 

正直、みんなの様子、

とくに受験生の様子を見ていてまだまだ甘いと思うときがあります。

もちろん頑張っている人もいることはわかっています

 

けど、本当にそれが限界ですか?

 

緊張で不安で逃げ出したくなる、

そんな受験本番、

会場で問題用紙が配られ、試験開始の合図を待っている間の数分間、

ここまでやったんだから大丈夫。と自信を持って試験に臨めますか?

 

結果はどうであれ、自分の受験期を胸張って話せますか?

 

限界をそう簡単に決めないでください。

というか、受験が終わるまで、

勝手に限界線を引くということは、不合格通知をもらう覚悟ができた時だけにしてください。

常に自分が第一志望に合格するためには何をしたらいいのか、

何ができるのかを考えて実行に移し続けてください。

 

まだまだみんなには余裕があるはずです。

そして、そんなみんなの可能性を信じて応援してくれているのが、

校舎長や担任助手、保護者の方々です。

時にはみんなにとって

耳を塞ぎたくなるようなことを言ってくるかもしれません。

むかつくかもしれないけど、

期待しているからこその言葉だと思って、大目に見てください(T_T)

 

今の大学に入って留学することが私の受験期の目標でした。

その目標を今から叶えに行ってきます。

大学受験が人生を左右するということは良くも悪くも、

まぎれもない事実です。

みんなは人生を大きく左右する大きな岐路に立っています。

 

たったの1年弱ですが、

その間にもんなかのみんなが大きく成長し、

受験生のみんながすてきな春を迎えられることを心から祈ってます。

 

帰ってきて成長したみんなの姿を見られることを楽しみに、

私も頑張ってきたいと思います!

 

それではまた1年後!!

 

 

瀧澤