休憩中の過ごし方 ~進士ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2017年 8月 7日 休憩中の過ごし方 ~進士ver.~

こんにちは!

部屋のエアコンが壊れた、担任助手の進士です(^^)

常に18℃強風しか出ません。そろそろ風邪ひきます。

冷房のつけっぱなしには気をつけて下さい。

さて!今回のテーマは「休憩中の過ごし方」ですね!

実際に僕が受験生だった頃の、休憩中の過ごし方を紹介します。

①食べる物はケチらない

毎日コンビニ食になる受験生活、

「不健康かな」「太るかな」という心配から食事をセーブする人がいます。

しかし僕にとって食事は唯一の楽しみだったので、「食べたい物を食べたいだけ」食べていました。

ストレス発散にもなっていましたし、「あと少しで昼食だ!」と、やる気の源泉にもなっていました。

どんなに気をつけていても受験生は太ります。

②常に参考書を片手に

夏期合宿に参加していたため、トイレに行くときも、ご飯を食べる時も、常に片手に参考書を持っていました。

9月以降は、過去問演習を通して間違えた問題をまとめた「復習ノート」を常に持ち歩いていました。

塵も積もれば的な考えですが、大きな差になります。

③休憩時間はとにかく短く

「夏休にやること」をリストアップした結果、どう頑張っても1日14時間は勉強しないといけないことが分かりました。

休憩時間をどれだけ削るかが課題でした。

僕の場合は、キッチンタイマーで時間を計っていました。

 

夏休みの1日は、長いようであっという間です。ダラダラ休憩を取っていては、成績向上は望めません。

メリハリをつけて、頑張っていきましょう!

進士