受験生時代に、心にとめていた言葉~中里ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2015年 11月 20日 受験生時代に、心にとめていた言葉~中里ver.~

こんにちは!担任助手の中里です!

年末はラオスに行ってきます!

クリスマスを海外で過ごすのは初めてです!

まあ。ラオスですが・・・(笑)

さて、今週のテーマは「受験生時代心にとめていた言葉」ですね!

ぼくが心にとめていたのは「できると思ったことはできるし、できないと思ったことはできない」という言葉です!

この言葉は担任助手を4年間やっていて何度ブログに書いたか分かりません(笑)

この言葉は、受験中だけではなく、いまでも自分の中に生き続けている言葉です。

「できる!」と思った時、人の頭は「どうやったらできるか」を考え始めます。

しかし「できない」と思ってしまった時、人の頭は「できない方法」や「できない言い訳」を考えてしまうのです。

これは脳科学でも実際に証明されている事実なんですね。

ただ、この事実は大学生になってから知ったので、受験生の時はそんなことも知らず、

「できる!できる!おれならできる!」と信じ続けました。

嘘でもいいんです。虚勢を張ってもいいんです。

どんなに不安でも、自信がなくても、「自分ならできる」と信じ続けましょう。

そしたらいつか、必ず出来るようになります。成功するんです。

みんなが成功するように、僕もみんなを信じ続けます。

最後まで闘い続けましょう!

みんなならできる!

中里