担任助手の受験の話~高橋(の)ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 3月 16日 担任助手の受験の話~高橋(の)ver~

こんにちは!高橋です!

昨日、高校を卒業して1年が経った

と高校の同級生が言っていました。

1年過ぎるのがあっという間です~

 

今日は「担任助手の受験の話」

をしたいと思います。

 

私が受験勉強を本気で始めたのは

高校3年生の3月。部活を引退した後です。

振り返ってみても遅かったなと思っています。

 

当時主要科目はどれも5割いくか

いかないかででした。どれも成績をあげたい

そう思って受講と高速マスターを

たてた予定通りやっていました。

 

が、途中までとにかく量をやり切る

ことが目的になっていました

何講座か受け終わって、最初の方の

講座を見直したときに

全く覚えていませんでした。

 

これではダメだと思い

勉強のやり方を変えてみました

英語は音読をするようになりました。

東進に入学時、音読の大切さはあまり分かっていませんでしたが

音読をするようになって、

文章の構文をちゃんと把握出来るようになりました。

 

数学や化学も

復習に時間をかけたり

演習量を増やしたりするようになりました。

 

長くなりましたが

なにが言いたかったのかというと

 

勉強はただ量をやりこなせば良い

というわけでは無いということです。

 

授業で学んだこと

演習問題の答えが

なんで間違えてどうしてその答え

になるのか自分で理解して

説明できるようになるのが大切だと感じました。

 

あれをやれ、これをやれ

と言われたことだけやるのは意味があまりありません。

自分で考えて勉強しましょう!

 

 

新高3生は受験まで1年を切っていますね。

もう一度自分の勉強方法を見直して

みるのも良いかもしれないです!

 

高橋