担任助手の合格体験記~長野ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2017年 3月 16日 担任助手の合格体験記~長野ver.~

こんにちは。担任助手の長野です。

最近は、新年度招待講習の生徒がたくさん来ています!
「私、何年生に見える?」と聞くと、
8割の生徒に
「3年生くらいに見えます」って言われるけど
まだ1年生です!笑
去年まではここ
東進ハイスクール門前仲町校
勉強していました!!
ちなみにスタッフは
全員元東進生なんですよ〜!
 
さてさて、今日のテーマに移ります。
今日のテーマは
「担任助手の合格体験記」です。
 
私の合格の秘訣は、2つ!
短期で基礎を固めたこと。
過去問演習に時間をかけたことです。
 
東進ハイスクールには
高速暗記というコンテンツがあります。
英語の場合、
英単語1800語
なんと平均で1週間で修得することができます!
早いですよね!!
単語帳で時間をかけて覚えていたので、
とてもびっくりしました。
 
そして過去問演習!
出願する大学の過去問を3周解きました。
その大学の傾向を知ることで対策もしやすく、
大きな自信につながりました。
 
ただし、、
私が入学したのは高3の8月。
ここポイント!
とても遅いです、、、、
部活をやっていたのは言い訳ですね。。。
部活も勉強も頑張っている生徒はたくさんいます!
 
合格体験記を書きたいのですが、
ここだけは後悔しているポイントです。
 
知っている方もいると思うのですが、
主要教科(英国数)
高2の3月中
完成させることが必須です!
 
なぜ?
これは、主要教科を早期に固めることで
理社などの副教科に時間をかけることができます。
 
受験生のスケジュールを紹介しますね
 
高2の3月末に主要教科完成
4月から夏にかけて副教科を完成。
9月から過去問演習
 
なんと過去問演習が1日遅れるごとに
1パーセント合格率が落ちると言われています。
9月から過去問演習をするためには、
夏には全ての教科を完成させる必要があります。
そのため、3月末に主要教科を固める必要があるんですね!
 
もう高2の3月終わったよ!というひとは
今すぐスタートして下さい!
長野