英語について~板倉ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2016年 10月 16日 英語について~板倉ver.~

おひさしぶりです、板倉です。

なんだか最近暑いとも涼しいとも言えない天気が続き、気分がパッとしませんね。。。

早く冬になってほしいものです(季節の中では一番冬が好きです)

 

さて、今回は「英語について」ですね!

ここで少し僕の高校生の頃を振り返ると、当時の板倉くんは英語が嫌いでした(そのくせ点は取れてました)。

単語や文法を理屈もなく覚えて、文を読むだけっていうただの作業のような気がして苦痛でした。

数学とか物理とかの、初めて見る設定に対して知ってる知識を使って立式して解を導くっていうことの方がずっと好きでした。

 

そして時を経て僕は早稲田大学に入学し、まずはTOEICを受けました。

これは結構点が取れて、まあ皆TOEICがどうこうと騒ぎ立てるが結局こんなもんなんだなと、やはり英語を軽視してました。

でもそんな僕に転機が訪れたのは、最初の英語の授業のときでした。

まず教室に入って思ったのは、「うおやべえ外国人多くね?」でした。

授業は全部英語(先生も当然外国の方)、ペアワークで相手の発音が良すぎて逆に分からず、自分の意見もちゃんと言えないこともあり

そこで僕は、「ああ、これが本物の英語なのか。。。」と感じました。

 

本物の英語の力は、英語を話したり外国人とコミュニケーションを取ることでしか身につかない力です。

高校生の皆さんは、目先の受験に向けて毎日のように英語の単語を見直して長文を読んだりしていると思います。

それは良いことだと思いますし、まず大学に入れなくては仕方ないのですが

少しその先の、大学生になったときのことも考えてみると良いと思います。

留学するも良し、海外旅行するも良し、大学生には色んなことが出来ます。

 

色んなことを経験して、色んなものを得て、英語力を高めていって下さい。

世界をまたにかけて色んなことが出来たら、きっと楽しいですよね。

 

 

板倉