過去問演習のコツ~ver.瀧澤~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2016年 10月 3日 過去問演習のコツ~ver.瀧澤~

みなさん、こんにちは!瀧澤です(^^)

「ついに大学の授業が始まっちゃった…」

と生徒に言ったら、

「学校なんてもう1ヶ月前に始まってるし」

と言われてしまいました…

2カ月あった夏休みを短い

と感じてしまうなんて

私も典型的な大学生になってしまったなと思います…笑

さて、今日のブログテーマは

「過去問演習のコツ」

ということで、

1年前の自分を

思い出しながら

話していこうと思います!

過去問演習とは一言で言うと、

ワクチン

だと思います。

みなさん、毎年冬になにしますか?

そうです、

インフルエンザワクチン受けますよね?

なんで受けるんですか?

痛いし高いしめんどくさいし

病院にいって逆にうつる可能性もあります。

インフルエンザだけではありません。

なにかしらのワクチンを

人生で一度は経験してると思います。

それはなぜですか?

ウイルスに対する耐性をつくるためです。

犠牲を払ってでも

そのウイルスに負けないために

ワクチン打つんです。

ではこれを入試にたとえてみるとどうなるか。

過去問演習がワクチンだとしたら

入試本番はウイルスです。

しかも

他のウイルスと違って

受験生の身体に絶対入り込んでくる

最強のウイルスです。

みなさんはそんなウイルスと

なんの耐性も持たずに戦うんですか?

当たって砕けたいなら

なんにもしない方がいいですが、

みんな絶対勝ちたいですよね?

だったら何度も何度も何度も

過去問演習をして

耐性をつけるしかないですね!!!

ワクチンですから

ちょっとくらい

拒絶反応がでたって

打ちそこなったって

大丈夫です!!

そのためのワクチンですから。

10×3も数はあるから

ゆっくり確実に

耐性をつけて

本番に臨みましょう!!

 

瀧澤