難有大模試の復習の仕方~佐藤ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2015年 9月 28日 難有大模試の復習の仕方~佐藤ver.~

みなさんこんにちは!

最近は涼しくなってきて風邪をひく人が増えてきています。体調が崩れてしまっては勉強なんてできませんから、体調管理は怠らない様にしましょう。

模試を受けていろいろ感じることはあったと思いますが、大事なのは復習です。なんてことは皆さん知っていると思いますので今回はより深い話をしたいと思います。難有大模試の復習方法です。

私は理系なので理系科目のみの話をしたいと思います。文系科目はこれから記事を書く人にパスします。

さて復習方法ですが、科目に分けて書きます。

数学:私は数学を勉強する上で一番重視していたのは答えの導出方法です。どんなに公式を覚えていてもそれを上手に使えなければ意味がない。結構当たり前の様なことを言ってますが意外とそれを意識して復習している人は少ないのでは? 導出方法と言ってもその問題だけが解けても意味ありません。本番は形を変えて似たような問題が出ます。「この場合はこうする。」などの形式ばった解き方ではなく、その原理まで理解できればどんなに難しい問題にも対応できます。難有大模試の回答はその宝庫ですよ。

例え答えはあっていてもその問題に大量の時間を費やしてしまっては本番では勝てません。模試の回答にもっと短時間で導出する方法が載っているかもしれませんよ?

物理:難有大の物理は意外と簡単だと思う人が多いかも知れません。ですが復習方法は数学と変わりません。原理を押さえることがとても大切です。特に物理は原理が命です。解答冊子だけで満足いかなければ参考書を使ってでも原理を修得してください。どんなに難しい問題でも原理を知っていれば柔軟に対応できます。

ということで理系科目はその原理を理解することに重点を置いて復習することを私はオススメします。

それでは復習頑張ってください!

佐藤