9月の難有大模試に向けて~進士ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2015年 9月 18日 9月の難有大模試に向けて~進士ver.~

こんにちは!

長かった夏休みも残り一週間となり、後期の科目登録に追われている担任助手の進士です(^^)

通常、文系の大学3年生の後期と言えば

授業は専門科目やゼミのみとなり、週休3日は当たり前になってくるのですが

僕は教職科目も履修しているため、相変わらず1年生並の時間割になりそうです笑

さて!今回のテーマは「9月の難有大模試に向けて」ですね!

他の先生も既に書いている通り、

「セン本=センター試験本番と同レベル」

「難有大模試=2次私大と同レベル」

という違いは皆さん理解しているはずです。

しかし、センター試験は全員が共通して受ける試験であるため、

全く同レベル(難易度、出題形式など)の模試を作ることが可能ですが

2次私大は、それぞれ志望している大学によって難易度や形式が異なってくるため

全く同レベルの模試を作ることは不可能になってきます。

例えば、私大受験の場合はマーク式など、選択問題が多く

国公立の場合は記述式が多いですよね。

そういった、様々な形式に合わせるため、難有大模試は

選択問題と記述問題が混合した形式

という、変わった模試になっています。

つまり、難有大を受験する際に留意すべきは

自分は、どの設問で多く正解しなければならないのか

をきちんと意識することなのです。

毎回、難有大の成績帳票が返却され、得点だけを見て一喜一憂する人がいますが

大切なのは設問ごとの正答率であり、自分の第一志望に近しい形式だった設問でどれだけ得点できているか

に着目してみてください。

難有大で高得点が取れたとしても、第一志望に合格しない人もいます。

自分が何を意識してその問題を解くのか

しっかりと意識した上で受験してきてください!

進士