「やる気」の波が激しい君へ。 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 12月 27日 「やる気」の波が激しい君へ。

こんにちは、瀧澤です。
ついに
平成最後の大晦日&元旦が
近づいてきましたね!
最近は何でも
「平成最後」という言葉が
つくようになってる気がします。
すごく年をとった気分です(笑)

さて、今日は「やる気」について
お話したいと思います!

やる気
または
モチベーション
多くの人が
とくに受験生は
一度は悩む問題だと
思います。
私も、高校生のときに
悩まされました。
いろんなサイトを見たり、
先輩や先生に聞いたりするけど
なかなかピンとこなくて
「自分なりのやる気のあげ方を見つけよう!」
という極論にたどり着くのが常でした。
でも、現実問題、
自分なりのやり方を
見つけるには時間はなくて、、、
けどやる気が下がる時はあるわけで、、、
そんな私が、
結局たどり着いた結論は
「やる気」を捨てること。
悟りみたいですね(笑)
自分の「やる気」を信じない
という意味です。

何言ってるんだ、こいつ。
とか思わないでください!
理由は、
自分のやる気なんて
下がる時も必ずあるからです。
でもそんなの
いつ何が起こるかわからない。
どんな時に自分のやる気が落ちるか
分析しろっていう人もいますが、
外的要因も含めて考えていたら
受験は終わってしまいます
なんなら、体験したことない
出来事によって、
マイナスな気持ちが生まれ、
結果モチベーションがさがるなら
もう考えられるわけがありません。

じゃあ、どうするか。
もうやる気に頼るのをやめればいい。
高3の私は、
この結論にたどり着きました。
やる気がなくてもあっても、
やらなきゃいけないことは
変わりません。
だったら、やるしかない。

では、やる気のない中で
どうやって勉強するか。
それを解決したのが
計画です。
そこまで綿密じゃなくてもいいです
毎日何をするか、
次の模試や試験から逆算して
まとめて立てておくのが
理想です。
毎日計画立てをしていると
それこそやる気によって
左右されてしまいます。

計画を立てる時は、
もちろん模試や試験が
終わったらですが、
できればやる気のない時に
立てるのがおすすめです。
やる気のある時に立てると、
無駄に量が多くなってしまうからです。

長くなってしまいましたが、
まとめると、
①やる気を信じずに、捨てること。
②左右されないために
中期計画を立てること。

最後に受験生へ
願いが強いからこそ、
嬉しい気持ちや苦しい気持ちが
あるんだと思います。
コントロールできるほど
簡単なものじゃない。
それだけ真剣だって証拠です。
でも、気持ちとやることは別。
心身分離論じゃないですが、
その真剣な気持ちを無駄にしないためにも
残り1日1日を大切に過ごしてください。

最後に癒やされる写真どーぞ★

瀧澤