今の時期の心境 ~大塚ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 11月 22日 今の時期の心境 ~大塚ver.~

こんにちは、毎度おなじみ大塚太郎です。

先程、スタッフ用のメンタルノートを書きましたが、他の担任助手の書いてあるページを読んで思いました。

生徒のみんなが全然コメントを書いてくれていない!!

これ、正直担任助手は寂しいです。

なので、時間があるときでいいので筆記用具を持ちながらスタッフ用のメンタルノートを読んで下さいね!!

さて、本題です。

テーマは「今の時期の心境」ですね!

中里先生がテーマを決めようとしている時、受験生のある生徒に聞いたらこのテーマが良いということだったらしいのでやっぱり受験生はいろいろな人の話を聞いて方が安心するのかなと思いました。

さてさて、僕の受験生時代の今頃はどんな気持ちだったのでしょうか?

僕も中里先生にあやかって生徒ファイルを見ようと思ったのですが、中身が担任助手としての資料ばかり入っていました(苦笑)

ですが、裏表紙にはこんなものが入っていました。

 

 

これは僕の担当の先生だった安藤先生からもらったものです。

もらった時期は12月とかかな?とは思ったのですが、この「一意専心」にこそ僕の今の時期の心情があるのではないかなと思いました。

ちなみに一意専心とは、一つのことだけに心を注ぐという意味で無我夢中などと似ている言葉ですね。

つまり、当時の僕は受験勉強にだけ心を注いでいました。

いや、受験勉強を楽しむ事だけに心を注いでいたのかもしれません。

成績が伸びない、過去問で点が取れないなどネガティブになってしまうことも多いかもしれません。

でも、そんな困難にも原因を分析することで理想の自分に近づけます。

あとは、その理想の自分になるためにできることをやるだけなのだから、それが出来たら幸せじゃないですか。

受験生時代の僕はそうやって思ってポジティブな心情で一つ一つの困難を乗り越えていました。

繰り返しになりますが、一喜一憂したりネガティブ思考になってしまったりするのではなく常に出来なかったことの分析をしてポジティブでいましょう!