併願校の過去問演習について | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 10月 10日 併願校の過去問演習について

こんにちは!!

最近だんだん寒くなってきましたね❅

冬が待ち遠しい、、!

 

さて今回のブログのテーマは

併願校についてです!

わたしからは

併願校の過去問演習の重要性

についてお話ししたいと思います!

 

みなさん、併願校の過去問って解いていますか??

 

解いているけどなんとなーく軽い気持ちで解いてる、、

この大学はA判定出てるし余裕でしょ!

みたいな人いませんか?

 

これ、要注意です⚠

 

どんなに志望度の低い大学でも

しっかり過去問に取り組みましょう!

過去問を作り、採点しているのは大学の教授です。

自己採点でどれだけ高い点数をとっても

簡単に思えても

当日は何が起きるかわかりません。

完璧に思えた答案が教授からしたら不完全であった、

なんて普通にあります。

 

わたしは、過去問演習が完璧でなかったために

滑り止めの大学に落ちてしまいました。

受験生の学力は試験当日まで伸び続けます。

つまり、いまどれだけ判定がよくても

周りに抜かされる可能性なんていくらでもあるということです。

「A判定が出ていた大学に落ちた」なんて普通に聞く話です。

こわいですよね、、

 

なので、全ての大学に対して万全の対策をできるように頑張りましょう!

応援しています!!!

 

来たる25日の全国統一高校生テストでも

実力を発揮してきてください!

低学年のみなさんも夏の成果を発揮するとてもいい機会ですよ~