全国統一高校生テストに向けて~杉田ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 6月 10日 全国統一高校生テストに向けて~杉田ver.~

お久しぶりです、杉田です!

私は受験期間中に本を全く読まず、

その習慣が今でも続いていて

本を読む機会が大幅に減りました。

今現在深刻な語彙力不足に悩まされているので、

これから広辞苑を愛読書にしようかと思っています。

さてさて今回のテーマは昨日に引き続き

「全国統一テストに向けて」です!

今日でなんと残り1週間

他の担任助手のみなさんが

テスト直前期の勉強法について書いていたので、

今回は本番での実力の出し方を書いていこうと思います!

「朝からのテストは眠くなる……」「テスト中に居眠りしてしまう……」

そう思っていませんか?

私は受験生時代によく思っていましたw

模試のときに全力が出せなければ、入試本番でも全力は出せません!

何か眠くならない方法を模試の度に探していきましょう!

ちなみに私はよくコーヒーを飲んで受験していました!

その他にも、これは他の人から聞いた話なのですが、

試験の始まる3時間前に起きると

試験のときによく頭が回るようになるらしいですよ。

試験の3時間前に起きても辛くないように、

試験の前日は早めに寝ましょう!

 

また、模試の一科目ごとの時間が長く、

集中力がもたないという話もよく聞きます。

80分の試験を集中して受け切るには、

私は慣れ危機感が不可欠だと思っています。

試験に慣れるには何度もテストを受けるのが最善、

でもそこまで頻繁に模試はない……

そんな人はセンターの過去問を解きましょう!

過去問を解いているとその試験の傾向がつかめて、

「この問題を解いたら次はこんな問題がくるな」

と、試験問題が予測できるようになります!

また、何度も似たような問題を解くことで

自分なりの最適な時間配分ができるようになります。

問題の予測最適な時間配分ができることが

試験に慣れることだと思います。

危機感に関しては、

まだ模試の点数が安定していない時期なら

早く解かないと間に合わない

と思うこと、

点数が安定してきたら

もっと良い点をとって合格に近づかなくては!

と思うことで

自ずと芽生えてくるのではないでしょうか。

 

私達担任助手は、

生徒のみなさんが試験でいい結果を出せるよう

全力を尽くしていきます!

全統の朗報、期待しています!!

杉田