受験のない日の過ごし方~山田Ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 2月 18日 受験のない日の過ごし方~山田Ver~

こんにちは

年々体力の低下が著しい山田です

20歳を過ぎたあたりから

体力の低下が著しく

今ではディズニーを

1日中楽しむなんてことできません

高校生のときの体に戻りたい、、

さて、今回のテーマは

「受験がない日の過ごし方」

現受験生の皆さんは

私立の受験が大体終わり

残すは国公立の受験だけ

という人も

少なくないのではないでしょうか

国公立の受験まで、まだ時間がありますが

受験がない日は

当然休みの日ではありません

受験がないからこそ

その日をどう活用するかによって

残りの受験の合否は

大きく変わる可能性があります

では、何をやればいいのか

やること、意識すべきことは2つです

1つは

「いつもと同じくらいの勉強量を

確保すること」

この時期の勉強は夏休みとは違い

アウトプット学習がメインになってきます

そのため

1問でも多くの問題を解いていたほうが

点数アップに繋がりやすいですし

1問でも多くの問題を解いていたほうが

入試で似た問題が出る

ということも起きてきます

時間がないからこそ

少しでも学習量にこだわって

1日1日を過ごすべきです

2つ目は

「過去問を解くこと」

これは当たり前のように

感じると思いますが

ここで言う過去問というのは

今年の入試問題含めての過去問です

入試が終わってしまえば

その問題は立派な過去問です

過去の事例ではありますが

2019年2月5日

明治全学部統一入試の国語の文章が

2019年2月7日

法政大学文学部A方式入試の国語の文章に

出てきたことがあります

国語ですらこんなことが起きるのです

数学や理科ならもっと起こる可能性は

高いのではないでしょうか

入試が終わったからといって

その大学の入試問題を

捨ててしまうのではなく

それも1つの過去問だと思って

取り組んでください

本当にあと少しで入試は終わります

泣いても笑ってもあと1ヶ月です

今後の70年近くある人生に

悔いを残さないためにも

あと1ヶ月だけ必死に頑張ってください

応援してます