受験時代に我慢したこと~中里ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 11月 6日 受験時代に我慢したこと~中里ver~

こんにちは!担任助手の中里です!

週末は結局早稲田の文化祭に行きました笑

人がいっぱいいて花火大会にでも来ているようでした笑

今週のテーマは「受験時代に我慢したこと」でしたね!

受験生のときに我慢したことはたくさんあります。

勉強机の隣に並んでいた漫画は全部親戚の家に預けましたし、

テレビは一切見ませんでしたし、

ケータイも勉強中はずっと電源はOFFでしたし、

好きだったバスケやサッカーも我慢しました。(バスケは月に1回くらい日曜日の帰りとかに木場公園でやってたっけな笑)

とにかく勉強の妨げになるものは徹底的に排除しました。辛かったですね笑

その中でも一番我慢したことといえば、 「友達と連絡を取ること」でした。

僕の学校は、12月に学校が終わってからはあとは始業式とセンターの次の日と卒業式だけが唯一の登校日でした。

そうなると友達とは会えません。ケータイは先ほど言ったとおりずっとOFFでしたし、メールでもしたらきっとその友達の迷惑にもなります。

学校以外の友達にも、一切こちらから連絡することはありませんでした・・・。

こうなると夜、東進からの帰り道にケータイの電源を入れても、メールは一切来ません笑

きてもお母さんTSUTAYAマックです(毎日めちゃめちゃ泣きたくなった)

東進に全く友達がいなかった僕は、こうして2ヶ月間孤独と戦い続けたわけです。

ですが、必ず、必ず次会ったときには第一志望に合格した報告が出来るようにと、毎日一生懸命勉強しました!

そしたらホントに合格できて、しっかり友達に報告できました!

今門仲に通っているみんなは、割と門仲の中に友達が多いほうだと思います。

ですがそれは良い方向に転がることもあれば、悪い方向に転がることもあると思います。

みんなで刺激しあえば本当の意味でいい校舎になると思いますし、

妙な安心感のなかでみんなで長話をしてしまったり、勉強しているところに話しかけに行ってしまえば、誰も合格せず、楽しかったけど受からなかったね、で終わってしまいます。

友達は大切にしなければいけませんが、どう付き合っていかなければならないかを、もう一度考えてみてほしいです。

中里の悲しく寂しい受験時代をさらすことになりましたが、結果的にいい方向に進んだので良かったとしましょう!

それでは!