夏休みの勉強(受験生編) | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 7月 14日 夏休みの勉強(受験生編)

こんにちは!曳村です。
7月も半ばになり、いよいよ夏休みが
目前に迫ってきましたね。
今日のテーマは
「夏休みの勉強」です。
受験生の皆さんは夏休みに1日最低でも
15時間近く勉強をしていく訳ですが、
ただ量をこなすだけでは
成績は上がりません。

些細ですが、
僕からのアドバイスは
「勉強1つ1つにテーマを持つこと」
「勉強時間を短く区切ること」
この2点です。

「勉強1つ1つにテーマを持つ」
これは常に目標として
「その学習を終えることで
何ができるようになりたいのか」
を意識するということです。
終える時期は勿論、
なぜその勉強をしているのかを
理解した上で取り組んでいきましょう。

「勉強時間を短く区切ること」
これは、長時間勉強をする夏だからこそ
短くメリハリをつけて勉強しよう
ということです。
諸説ありますが、人間の集中力が続くのは
わずか45分と言われています。
1日にその20倍は勉強していく訳ですから
2時間も3時間も同じ学習を続ければ
最初と最後では勉強の質にばらつきが
でてきてしまいますよね。

今日の内容は以上です。
夏は受験の天王山とよく言われます。
しかし、僕は夏休みの勉強が
そのまま合否を分けるのではなく
夏休みの時点で本当の意味で
受験生になれるか否かが
合否を分けるのだと考えています。
スタートが肝心です。
4月以降今思うようにいかなかった人も、
ずっと頑張ってきた人も、
後悔のない夏にしましょう。

この写真は、大学1年の夏

オーストラリアでの1枚です。

明日は富士原先生で、テーマは
「夏休みの勉強(低学年編)」です。