大学生になって一番勉強していること~大塚ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 10月 6日 大学生になって一番勉強していること~大塚ver.~

こんにちは、皆さんご存知の大塚太郎です。

この頃は秋も深まり、朝晩と冷え込みますね(>_<)

大塚は布団をかけずに寝ていたら翌朝、震えながら起きました(笑)

 

さて、今週のテーマは「大学生になって一番勉強していること」ですね。

今週の他の担任助手のブログを見るといろいろなことが書かれていました!

そんな中、大塚はいつも言っているとおり「ゼミ!!

・・・と言いたいところではありますが、そればかりではつまらないと思うので

「ゼミでも勉強していて授業でも一番頑張っていること」を紹介しましょう!

それはズバリ・・・

『人的資源管理(HRM)』です。

うわ、すごい難しい名前出てきた・・・と思うかもしれませんのでちょっと解説しましょう。

まず、「人的資源管理」を英語訳すると「Human Resource Management」となります。

つまり、「人という会社を動かすための源をどうやって動かしていくか」というものです。

身近な例で言えば・・・

部活の練習でやる気を出さない後輩がいた・・・

あなたはどうする?

①とにかく「やる気を出せ!」と怒る

②「何が原因でやる気が出ないの?」としっかり理由を聞く

③部活を辞めさせる

 

正解は・・・

無いです。

無いというかどれも正解かもしれないし、間違っているかもしれません。

つまり、どの選択肢も職場の環境や後輩の人柄、対処した後のことを考えていくべきなのです。

怒った場合、後輩はふてくされてもっとやる気を失うのではないか?チームの和が乱れるのではないか?

理由を聞いた場合、その場では不満を言うが不満を言っただけで終わってしまうのではないか?

辞めさせた場合、その部活の練習は活気溢れるものになるか?チームは弱くならないか?

などなど・・・

人にどう気持ち良く仕事をしてもらうのか?

そして、どう会社の業績を上げていくのか?

というのが課題でとても難しいのですが、その代わりとても楽しい学問です!

生徒のみんなも担任助手が紹介した頑張って勉強していることに興味があったらぜひ聞いてください!

 

大塚