将来の夢~大塚ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 6月 30日 将来の夢~大塚ver.~

こんにちは!担任助手の大塚です!

今週のテーマは将来の夢ですね!

実は最近、よく高3生対象のリーダーコースホームルームや高1,2生、中等部生対象の学部研究会に携わらせてもらって生徒みんなの将来の夢について考えることがよくあるんですよね。

そんな僕の将来の夢は・・・

実はたくさんあります!

え?何言ってんだ?

このメガネの人。(ゼミの先輩にそう呼ばれました。)

では、全部説明すると長くなってしまうのでその中の1つをご説明しましょう。

僕の夢は、

起業し、BOPビジネスを利用世界中の人に幸せになってもらう。

さて、皆さん、BOPビジネスとはご存知でしょうか?

どっかで見たことあるよ!っていう人ももちろんいるでしょうね。(笑)

そう、先週の土曜日のブログに今読んでいる本の画像を載せていました!

(参考URL:http://www.toshin-monzennakacho.com/%e7%a7%81%e3%81%ae%e5%ad%a6%e9%83%a8%e3%81%af%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e5%ad%a6%e9%83%a8%ef%bc%81%ef%bd%9e%e5%a4%a7%e5%a1%9aver%ef%bd%9e/)

お、なんかすごいURLになってしまったけど、ちゃんと門前仲町校のブログだと確認したので安心してね。(笑)

本題に戻りましょう。

BOPビジネスとはなんなのか?

簡単に説明しましょう。

BOP(=Base Of the Pyramid)という1年間のすべての給料が3000ドル(約30万円)以下の貧困層の人たちは約40億人もいると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

その人たちに対して物を売ったり、サービスを提供するということです。

ただ、僕らが普段生活しているような値段で売っても当然高くてBOP層の人たちは買えないし、日本で製品を製造するのでなくその現地で製品を製造して雇用の確保に努めなければならないなど、様々な課題があります。

でもBOPビジネスが成功すれば、商品を提供する側の会社も商品を受け取るBOP層の人たちもどちらも良いことづくめになるのです。

その状態をWin-Winと言います。

僕はそのBOPビジネスを利用して世界中の人たちがWin-Winを感じ、そして幸せになってもらいたいです。

どうですか?僕の夢。

これ実は先月あたりにできた夢なんですよ

高校生の時からは『世界中の人が等しく教育を受けられるようにする』という夢があって

大学1年生の時は旅行会社でも働いてみたいと思っていました。

では、なぜこんなにたくさんの夢を持っているのでしょうか?

僕も自分自身でこのよう少し悩んでいたことがあります。

自分は優柔不断だからひとつの道に突っ走れないのだろうか?と。

しかし、3月まで門前仲町校の担任助手をやっていた高橋先生という先生に

「それは、お前が成長しているからだよ。維持しようとすることは退化を招くことだよ。」

と言われました。

正直、目から鱗が落ちました。

だから、今は夢が増えることを前向きに捉えている。

というよりも夢をどんどん増やしていこうと思ってます。

選択肢がたくさんあるっていうのはその選択肢のことをもっと勉強しようと思うし、勉強したらまた選択肢が増えるかもしれないですよね?

みんなも夢をたくさん持ってください。

何より夢をたくさん持つことって素敵じゃありませんか?

大塚