得意科目とその勉強法~進士ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2014年 4月 6日 得意科目とその勉強法~進士ver.~

こんにちは!

明日から学校が始まるので、とてもワクワクしている担任助手の進士です(^^)

受験生のみんなは塾内合宿お疲れ様でした!!

「一晩中頑張った」という経験は、

きっとみんなの今後の受験勉強の大きな支えになります!!

さて!今回のテーマは「得意科目とその勉強法」ですね!

僕は英文科に通っているので英語!と言いたいところですが…

英語は既に他の先生が書いているので、違う科目にします(笑)

英語の基本的な勉強法は、他の先生が書いていることと変わりません!

とにかく基礎基本の繰り返しです、頑張ってください!!

今回は「古文」の勉強法について書きたいと思います!!

古文を得意になるコツは、

高1、2生ならばとにかく有名出典を読むことですね!

もちろん現代語訳したもので構いませんので、有名出典を読んで古文に対するハードルを下げてください。

ほとんどの受験生は古文が「嫌い」なところから勉強を始めます。

でも、イヤイヤやっても頭に入るわけがありませんよね!

有名出典をいくつか読み、古典文学に慣れたところで勉強すると

きっと単語も文法もすっと頭に入ってきますよ!

しかし、受験生にとっては有名出典をのんびり読んでいるヒマはありません。

とにかく単語と文法を一ヶ月で完成させる!!

くらいの勢いで勉強してください!

とにかく短期間で詰め込む事が大切です!

また、受験生も受験直前には有名出典を絶対に読んでくださいね!

例えば、入試最頻出である源氏物語は、ある程度内容を把握していないと難しすぎて読解できません。(昨年度のセンターにもでましたね)

また、入試出題頻度2位の徒然草や3位の枕草子などはあらかじめ内容を知っていれば

まず間違えなく入試では合格点を取ることができます。

単語・文法だけでなく

文学史や、古典常識の勉強も忘れずに!!

センター国語の中で一番平均点が低い科目が古文です。

苦手な人が多い中で、満点をとってやりましょう!!

進士