志望校の選び方! 大塚ver. | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 6月 9日 志望校の選び方! 大塚ver.

こんにちは、担任助手の大塚です。

さてさて、以前も大学のゼミ活動についてお話したと思いますが、今日は実際のゼミの課題のレジュメを披露したいと思います!

 

どうですか?難しそうでしょ?

この課題は先週の物なのですが、先週一週間は『ハム』や『豚』などの単語は極力聞きたくなかったです。

なのに、清水先生が「今朝はハム食べたよー」とか「ハム食べたいなー」なんてわざと言うもんだからメンタルがやられましたね(ノД`)笑

今度はゼミのノートなんかを紹介したいと思います。(`・ω・´)

———————————————–

さて、本題にうつりますが、テーマは『志望校の選び方』ですね。

決め方は既に更新してくれた先生方のを参考にしてもらう代わりに、僕は志望校を決めたほうがいい理由についてお話したいと思います。

ところで、『志望校は決まってないけど、勉強してるんだから別にいいでしょ?』なんて言っている人はいないですよね?

では、なぜ志望校を決めたほうが良いのでしょうか?(´・_・`)

 

 

 

 

正解は『目標をどこに置くかで最終目的地への道のりを知ることができるから』です。

分かりやすい例で言えば、

船がコンパスや航路図などの機能をしっかりと設置して、道のりが分かり目的地に行く』ということです。

もし、地図や経路図がない船があったら今頃、目的地までの道のりが分からずに広い海で彷徨い、そして遭難してしまう船が何艘あるだろうか・・・(考えるのも恐ろしい)

だから、皆さんはしっかりと志望校という目的地への道のりが書いてある地図や経路図を持って勉強に励んでください。

あ、受験で言うコンパスや航路図というのは模試の結果ロードマップのことですよ!

———————————————————————

ちなみに、ゼミの課題でもまず目的地を定めてから現状分析、施策、発表とつながっていく流れを考えています。(・∀・)

この目的地を決めるというのも簡単そうに見えて大変で、先ほど紹介したハムの課題も

『会社を世界進出させて、シェアを広げるのか』

『日本でさらに、工夫を考えて他社との差を広げるのか』

という意見が出て揉めました。(そのお陰で先週はめっちゃ大変だったw)

この2つも目的地が違うだけで施策はかなり違ってくるんですね。

目的地を決める大変さ、そして大切さを分かってくれたら嬉しいです。