担任助手からの言葉~片倉編~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 5月 10日 担任助手からの言葉~片倉編~

こんにちは、担任助手の片倉です。
今日は皆さんに言わなければならないことがあります。

私は、5/10をもって東進ハイスクール門前仲町校を卒業します。
高校一年生の4月に入学してから、約7年間、たくさんの人たちに出会いました。私を先生と慕ってくれた生徒の皆さん、今までありがとうございました!

最後に、みなさんに伝えたいことがあります。

何事も自分の意志でやる

この言葉をみなさんに贈ります。
みなさんには、将来の夢や目標、こうなりたいというイメージをもっていると思います。もちろん、具体的に決まっている人といない人はいるでしょうが…。そのための、第一段階として、大学受験を迎えようとしていると思います。

さて、門前仲町校には担任の先生、担任助手がいて、みなさんの指導を全力でしてくれるでしょう。そしてみなさんは、もちろんそれに応えてくれると思います。
ここで重要なのは、
言われたことをただやるだけではいけない
ということです。

人間には、自分の脳で能動的に指令をださないとパフォーマンスを下げてしまうリミッターのような機能があります。
みなさんは、このリミッターを外してください!!
これから、たくさんの困難や迷いも生じてくると思います。(受験で言えば、成績が上がらない、この勉強法で果たして正解なのか、など)
そんな悩みを抱えてるみなさん。
今やっていることは、自分で必ず達成すると決めたことですか?
人間諦めるのは簡単です。継続することは本当に難しいですよね?
でも、そんな甘えを取っ払って、とりあえずこの受験期に全力でぶつかってください。自分で決めたことを必ず守ってください。

担任助手を4年間やって、いつも思います。最後に笑うのは、頭のいい人ではありません。
全力で自分の道を進んだ生徒たちです。このとき全力になれた人なら、この先に待ち受けるどんな困難も乗り越えられると私は思います。

もちろん、これは自分にも言えることです。私も大学院での自分の研究を、全力でやっていきます!

 

長くなりましたが、みなさん今まで本当にありがとうございました!

 片倉