担任助手になってよかったこと~山田ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 10月 17日 担任助手になってよかったこと~山田ver~

こんにちは!

ついに明日から大学が始まってしまう

山田です!

いやぁさすがに長かったですね

ここ数日は早く大学が始まってほしい

としか考えていませんでした笑

また忙しくはなりますが

頑張ります!!

さて、今回のブログのテーマは

「担任助手になって

よかったこと」

もうこんなの1つに

決まってるじゃないですか!

門前仲町の生徒の皆さんに

会えたことです!!!

、、、とまぁ冗談をかましたところで

本題に入っていきますが

(実際は冗談だと思ってないよ!笑)

担任助手になってよかったことは

大きく分けて2つあります

1つは

「自分の将来の夢の

役にたっていること」

以前にも書いたことがあるので

知っている人もいるかも知れませんが

僕の将来の夢は

高校で数学を教えることです

数学を教えること自体は

教師になってからいくらでも

良くできるけど

生徒指導は

なかなかうまく行かないだろうな

できれば経験をしておきたいな

と思い担任助手になりました。

実際この3年間

様々な生徒と関わり

様々な体験をしていく中で

生徒指導というものの経験を

多く培うことができ

本当に良かったと思っています

もう1つの担任助手になってよかったことは

「コミニュケーション能力が

上がったこと」

です

はっきり言って大学1年生の最初

担任助手やりたての時期は

生徒とうまく話せない

というか

生徒から言葉を引き出せない

相手が納得できるように

伝えられませんでした

しかし帳票返却面談や

グループミーティングを行う中で

コミニュケーション能力の向上が

自分に取って最重要な力であることを感じ

校舎長や尊敬していたS先生を始めとする

上級生の話し方を聞いたりして

勉強をしました!

というかひたすら

良いところを真似しました

昔から人の行動を真似るのは

なぜか得意だったんですよね笑

そんな勉強の毎日を過ごしているうちに

いつの間にか

今みたいな話し方になり

1年生にも話し方を

指導するまでになりました

正直、これが1番自分が

成長した部分なのではないかと思います

当然ながら人によって成長したポイントは

それぞれだと思いますが

他のバイトでは成長できない

けど社会に出てから必要な力が

多く身につく職業だと思います

受験生の皆さんも

ぜひ少し考えてみて下さい!

担任助手の志望書は

受付の机にありますよ(^^)