担任助手になって良かったこと。 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 10月 22日 担任助手になって良かったこと。

みなさんこんにちは!

担任助手を始めてから半年が過ぎた

床嶋です!

突然ですが、

担任助手がどのような仕事か

知っていますか?

東進をよく知らない人は恐らく

「塾講でしょ?

生徒に勉強教えてるの?」

と思うでしょう。

(大学の友達に実際に言われました。

東進は映像の授業なので、

私たちは

直接授業することはありません。)

東進をよく知る東進生は恐らく

「チューター。

いつも受付で忙しくしてる」

と思うでしょう。確かにそうですが、

それは仕事の一端でしかありません。

東進の担任助手は主に

①受付で行う通常業務

②週に一度のグループミーティング

③月に一度の合格指導面談

といったことをしています。

もちろんこれで全部ではありません。

細々としたものを含めると、

非常に多くの仕事をしています。

なぜこんなに忙しく、

業務が多いのでしょう。

それは、生徒に第一志望に

受かってほしいからです。

その為に私たちは何にでもトライし、

生徒に伝えています。

私たちが悪戦苦闘して

生徒に伝えたことが

生徒たちの成績向上に役立てた時、

とてもやりがいを感じています。

前置きが長くなってしまいましたが、

担任助手になって良かったと思うのは

そんな瞬間です。

受験生の皆さん、

あと数ヶ月で受験は終わります。

今やっていることを信じて、

力強く学習していってください。

受験生以外の皆さんも、

何かわからないことがあればいつでも

担任助手に相談してくださいね!

床嶋


  1. こんなものをやっています。

気になる方は是非校舎へお電話を!