挫けそうになったときの立ち直り方~重富ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2014年 8月 29日 挫けそうになったときの立ち直り方~重富ver~

 

こんにちは!重富です。

最近すごく涼しいですね!10月並の気温らしいです。

来週からはまた暑くなるんですね~やだやだ。

 

今回のテーマは「挫けそうになったときの立ち直り方」です。

私があげられることは2つです。

 

①自分のそれまでの頑張りを思い出すこと

受験生のときは、

夏休みに毎朝7時に来て10時まで勉強していたこと

友達が遊んでいる写真を見てうらやましくても東進で勉強してきたこと

を思い出して、

あの頑張りを無駄にしないためにも最後まで頑張ろうと思っていました。

 

②自分が次に何をするべきか冷静に考えること

まず大切なのは冷静に考えることです。

中途半端にしかやってこなかったものに挫けそうになることはありません。

挫けそうになるのは頑張ってやってきたからです。

頑張ってやってきたということは、

それは自分にとって大切なものだと自分で分かっているからです。

ということは、簡単にやめてはいけないしやめられないものだと思います。

向き合っていかなければいけないものなら、

次に自分がやるべきことは必ずあります。

それが自分でわかれば自然と動くし、動けばまた前のように頑張れるはず!

 

何度も書いていますがうだうだ悩んでいる時間が1番無駄です。

自分で冷静になれなければ人に相談するのが1番!

親でも友達でも先生でも、素直に話せる人を頼っていいと思います。

受験生はあと半年と少し、乗り切りましょう!

 

重富

過去の記事