新しく入学した人へ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 9月 21日 新しく入学した人へ

最近旅行や合宿が続き、銀行の残高の数に敏感になっている床嶋です。

今回は新しく入学した東進生へアドバイス、というテーマなので、

心構えの話についてしようと思います。

まず、大学受験に合格する学生は主に次の通りにグループ分けをすることができます。

①滑り止めとして受けている為、合格が前提の学生

②第一志望でA判定がでるほどに充分な学力がついている学生

③第一志望でギリギリの実力だが、本番の問題との相性が良く、合格した生徒

④その他

その他を除けば、

一般的に合格した生徒の割合としては③は

高々10%だと思います

つまりなにが言いたいかというと、

大学に合格する人の殆どは、

大学に合格するべくして合格した人

という訳です

僕は、新しく東進に入ったみなさんに、

合格するべくして合格する生徒

になって欲しいと思います。

それにはただ東進に入っただけでは

残念ながら足りず、

東進に早い時期から入ったのに

受験生としてのスタートを切れず、

目指していたところには届かなかった人を

僕たちは沢山知っています。

まだ高校3年生じゃないからたまには遊びたい、部活もやりたい。

それでいいと思います。

でも、それ以外の時間は

東進で学習の為に使ってみて欲しい

と思っています。

学習の時間は、決して苦しいだけの時間では

ありません。これは余談ですが、

人には知識欲というものが備わっています。

何か知らないものに対して

「知りたい」と思い、理解して欲を満たす…

という様なものです。

つまるところ、学習するということは、

ゲームをクリアしたり、

本を読んで感動したり、

友達と喋ったりするのと

同等の楽しさがあるんです。

この感じ方は、みなさん自身の意識にも

大きく起因します。

「勉強が嫌い、いやだ」と思っていては

いつまで経っても楽しく感じることは

ないでしょう。

映像授業を受ける時、

問題集を解く時、

教科書で覚える時には、

「ほう、ほう」と感心しながら

学習してみてください。

いつか学習することが

当たり前になっていることでしょう。

その状態こそが、受験生として

目指すべき一つの姿だと思います。

みなさんが学習のために

時間を割いてくれるのであれば、

我々はその貴重な時間を

最も効率良く学習できるよう、

全力でサポートしていきます。

一緒に頑張っていきましょう!

床嶋