私の学部はこんな学部!~金子ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2013年 6月 18日 私の学部はこんな学部!~金子ver~

こんにちは!
担任助手の金子です!!

今回は僕の在籍している東京農業大学の応用生物科学部について話します!!

まず応用生物科学とは、 「生物体の機能を利用し社会に役立てる学問」です。
社会への役立たせ方はたくさんあるため、東京農業大学では栄養科学醸造生物応用化学バイオサイエンスの4つの学科に分かれています。

 

 

 

 

簡単にこの4学科の説明をします。

栄養科学科 食べ物の栄養について調べたり、未知の栄養分を解析します。また、食品管理の研究もしており、将来、食の安全を担っていく学問でもあります!なので栄養科学科では主に食べ物に関する分野で社会に貢献しているのです!

醸造科学科 ではその名の通り、醸造の研究をしているのですが、醸造微生物を使いこなして環境分野や科学分野でも応用できる研究をしています。微生物は膨大な種類が存在しているので無限の可能性を秘めています!主に微生物で社会に貢献しています!!                                                        

生物応用化学科 では、生物体の生態や機能を理解して応用する研究をしています植物や動物など種類に関わらず色々な方面からの社会貢献をしていきます!!

僕の所属している バイオサイエンス学科 では、遺伝子レベルで生物体を研究します。遺伝子組み替え などにより、今まで不可能だった取り組みを可能とします。僕は植物又は微生物に興味があるので、植物で作られた糖や微生物の生成物質を遺伝子レベルで研究し、環境問題やゴミ問題を解決したいです!!

長くなりましたが、この4学科を含んでいる応用生物学は食品から遺伝子まで多岐に渡って研究できます!
そのため今、とても注目されている学問です! あるひとつの発見で世界を動かせる可能性があるのでロマンがありますよね?
本当に環境問題を解決したり食品について携わりたい人は是非応用生物学を学べる大学を受験してください!!

ただ注目されているだけに大学の倍率が上がったり、入試レベルが上がっている傾向があります。なので自分と同じ応用生物学を学べたい人は心して勉強してください(笑)

 

 

金子