第一志望校を決めよう! | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 3月 31日 第一志望校を決めよう!



こんにちは、
最近よく登場する
瀧澤です(笑)

今日は、
第一志望校の決定に関して
話していこうと思います。

もうすでに決まっている人は
しっかりと理由が明確かどうか
名前や場所だけで選んでいないか、
もう一度確認してみてほしいです。
たしかに、名前や場所も大切です。
ただ、受験期本当につらくなった時に
それだけの理由だと、
いくらでもレベルを下げることが
できます。
強い志望動機がある人ほど
最後の粘り強さで
合否が変わってくることも
あるので、
ここじゃないと
行きたくない!というくらい
明確化することをおすすめします。

では、
次に決まっていない人。
上に書いたように、
志望理由をしっかりともつことで
最後の踏ん張りが効くというのも
志望校を決めてほしい理由の一つですが、
もう一つ大きな理由があります。
それは
最終到達ラインを
早めから決めるためです。
先日、
過去問体験会に参加して
過去問を解いたことがある人も
いるかと思いますが、
本当に
大学によって、学部によって
出題傾向は様々です。
最終的に自分がどのような問題で
点数をとらなきゃいけないのかを
理解していない状態で勉強をしていても
効率が悪いと思いませんか?
今はまだ
基礎固めやセンターレベルの対策を
している時期だから
関係ないと思われがちですが、
今から意識して勉強することで
いざ実際に過去問演習に入った時に
そこで初めて傾向を知って
ここの部分をもっと基礎から
やっておけばよかったと思うより、
少しでも意識して学習していき、
過去問演習に臨んだ方が
あとで後悔しないはずです。

とくに最近、
私大の入試が難化傾向にあります。
第一志望校だけではなく
併願校の対策も十分にするために
実際の入試を意識した学習
心がけましょう。

↑学校を休んで写真を撮りに行き、ずっと待ち受けにしていた写真


瀧澤