英語の学び方(古田の私見) | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2018年 7月 26日 英語の学び方(古田の私見)

皆さんこんにちは!中国語の単位が危うい古田です↴↴↴

本日は、英語の学習方法について思うところを書いていこうと思います!!

皆さんの中には、

「単語と文法はできるのに、長文になったり少し複雑な和訳になると文章の意味が分からない」

という体験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

英語の学習をしていく中で多くの人がつまづくポイントは、

まさにこの「単語・文法知っているのに読めません」状態であると思います。

なぜ、英文を構成している要素を把握しているはずなのに英文が読めないのでしょうか?

それは、実際の英文は、複数の文法事項が絡み合って構成されているからなのです

皆さんは文法の勉強をするときに、文法事項ごとに単元わけされたテキストをこなしますよね?

つまり、例えば題名に「関係詞」と書いてあったら、「ここで出てくる和訳問題には関係詞が入っているに違いない。」という先入観をもって問題に挑み、見事関係詞を見つけ出して正解するわけです

しかし実践では、どの文法事項が登場しているのか教えてくれません

つまり、「言われたらわかる」という段階の文法知識は役に立たないということです

文法知識を本当に自分のものにするという、確固たる基礎がとても大切なのです

さらに、当たり前のことですが、

実際に長文やある程度まとまりのある文章が出題されるとき、その文章は単一の文法事項で完結しません

仮定法の中に関係詞、分詞構文、倒置・・・とごちゃごちゃになっている文章が難しく感じるのは、「複雑に絡む文法事項を解きほぐす」作業の訓練が欠落しているからです。

「前置詞フレーズを括弧でくくる」「関係詞節は飛ばす」といったような読解のテクニックを聞いたことがある人も多いと思いますが、「文の構造を把握する」という目的を等閑に付してテクニック偏重に陥っている教育者も多いのではないかと思います

これらテクニックは、文章の最も基本たる骨格を浮かび上がらせるための手段なのです。

「主語は何で動詞は何なのか」を常に意識して、構文把握の訓練を充分積んでおくことが、英文が読めるようになるために大切なことです。

以上、英語学習者がつまづきやすいポイントでした!!

古田