過去問演習の意義~森Ver~ | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 8月 30日 過去問演習の意義~森Ver~

皆さんこんにちは!

森です!

あと2日で8月も終わりますね

これからやっとすごいしやすい季節になるんですかね。。

そんなことはさておき、、、

今日は過去問演習の意義について話したいと思います

 

受験生のみなさんならある程度イメージできるであろう

過去問演習ですが

きっと低学年やこれから受験生をむかえる人

にとってはあまりピンと来てないかもしれません

東進では第1志望10年分を初め

それ以外の大学の問題も数年分解いていきます

個人差はありますが

僕の場合は合わせて30年分かそれ以上

過去問を解きました

 

過去問演習では

各大学の問題傾向をつかみ

具体的な戦略を立てていきます

ただ問題を解くだけではなく

過去問で出た苦手な部分を復習したり

できないことをできるに変えるまでが

過去問演習だと思います

 

そのために東進では

単元ジャンル別演習というシステムがあり

過去問演習の結果から1人1人にあった

問題を提案してくれて

大幅に過去問演習の効率効果を上げてくれます

 

先ほども言いましたが

過去問演習はただ問題を解くだけなく

実際の本番と同様の気持ちで臨み

その結果に本気で向き合うことが大事になります

 

受験生のみなさんは

これから向かえるであろう

受験のスパートを乗り越えて

に思いきり笑えるよう

頑張っていきましょう!!

 

低学年のみなさんも

先のことと思わず

できることは探せば

いくらでも出てくると思うので

これからの生活に少しでも多く

勉強の時間を確保できるようにしてください

 

それではまた次回お会いしましょう!!

次回は高橋夏希先生です!!

 

先日行ったイサム・ノグチ展での1枚