高速マスターの重要性~山田ver~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 7月 18日 高速マスターの重要性~山田ver~

 

こんにちは、梅雨が嫌いな山田です

雨って嫌ですよね、、

体は濡れるし、外は暗くて気分が落ちるし

そもそも外に出たくなくなるし、、

早く梅雨が空けてくれることを

心から願ってます

さて、今回のブログのテーマは

「高速マスター基礎力養成講座の重要性」

東進のスタッフや生徒が

「マスター」や「高マス」

と呼ぶ、あれです

そもそも

あのツールがどのようなものなのかを説明します

下の説明は「マスター」の一部である

『共通テスト英単語1800』についてです

これだけだと分かりづらいかもしれませんが

簡単に言えばスマホやパソコンでできる単語帳です

ただ、単語帳と大きく違う点は

1つの単語に対して1つの意味

しか載っていないということです

これだけ聞くと

「単語帳の方がたくさん単語を覚えられるから

マスターは意味ないじゃん」

と思うかもしれません

確かにたくさんの単語を覚えることを目的としたら

そうかもしれません

しかし、「マスター」の目的は

たくさんの単語を覚えることではありません

センター等で頻出の英単語を

短い期間で覚え

さらには忘れないように暗記を継続

していくことが目的です

単語帳だと

1周するのにかなり時間がかかってしまうので

短い期間で覚えたり、

何周も繰り返しやったりするのが大変です

「マスター」は1つの単語の対して1つの意味しか

“あえて”載せないからこそ

短い期間で覚え、毎日繰り返すことができます

ここまでは

「マスター」をなにか知らない人向けの説明でしたが

「マスター」を取得している東進生の皆さん

東進に来たら

スタッフに

「マスター」を毎日やろうと言われると思います

それはなぜかというと

「マスター」は毎日実施しなければ

効果が半減するからです

高校生の皆さんは

小学校のときの友だとの顔と名前

どれくらい一致するでしょうか?

人間は忘れる生き物です

たった3年ほどでも、会っていなかったら

忘れて当然、すぐに名前が出なくて当然です

しかし、小学生のころはどうでしたか?

今は忘れているかもしれない友達の名前を

かなりの人数覚えていたのではないでしょうか?

しかも、特に覚えようと努力はしなかったと思います

つまり、別に覚えようとしていなくても

毎日やっていれば自然と覚えていくのです

さて、ここまで話せば

毎日「マスター」をやらないと効果が半減する意味は

わかったと思います

このブログを見て

今日から絶対に毎日やろうと思うか

別に本気出せば簡単に覚えられるから

今度でいいと思うかは

皆さん次第です

自分が行きたい大学に合格するために

本当に必要かどうか

自分で考えて行動に移してください