たったの一年後の自分 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 1月 25日 たったの一年後の自分

こんにちは!慢性鼻炎で苦しむ曳村です。

最近、自分のやりたいことが見えてきて

春からの二年生が楽しみになってきました。

それを実現するインターンのために、

今は猛勉強を重ねています!

やりたいことが決まると、

いろいろな場面でやる気が出てきますね。

 

さて、今回は「たった一年後の自分」

というテーマのもと書かせていただきます。

皆さんは一年後、自分が何をしているか

想像できますか?

受験生の皆さんは、

一年後どんな大学生活を送っているでしょうか。

高校1、2年生の皆さんは

何に向かって努力を重ねているでしょうか。

 

私は正直、自分が考えていた生活とは

真逆の生活を送っています。

一年前、大学ではたくさん遊んで、

「人生の夏休み」を過ごしたいと

思っていました。

実際は目標に向かって

純粋に努力している自分がいました。

 

経験上、

一年後のなりたい姿・送りたい生活

は想定とはかなり違うのが事実です。

(いい方にも悪い方にも、変わります笑)

 

しかし、未来の自分を思い描くことに

意味がないとは思いません。

冒頭でも申し上げた通り、

目標が具体的であれば具体的であるほど

努力の質は高くなります。

良質の努力をする過程で

新しい目標が見えてくるかもしれません。

 

みなさんも一年後の自分を

想像してみてください。

きっと目標や勉強の目的を見つけて、

努力に意味をもたせられると思います。

担任助手ではなく、大学生の先輩として

応援しています。

 

 

↓海外留学は、

私にとって大学で楽しかったことの一つです。