受験の話①「意外と知らないお金の話」 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 7月 8日 受験の話①「意外と知らないお金の話」

皆さんこんにちは、

担任助手の曳村です!

先日準備に追われていた英語プログラムの

プレゼンも終わり、1つ肩の荷が下りました。

しかしまだ期末試験があるので

気は抜けません(笑)

 

さて、今回のブログでは、

普段はあまり触れられない、

受験にかかるお金の話をしたいと思います。

受験生の皆さんは、進学にかかる費用と言えば

何を思い浮かべますか?

おそらく、入学金や授業料のことが

でてくるでしょう。

しかし、見落としがちなものが一つあります。

それは「受験料」です。

国立・私立受験問わず、

ほとんどの人が併願で第一志望以外も

受験するでしょう。

受験する大学ひとつごとに受験料が

かかるのですが、受験生時代に

この額が「意外とかかるんだな」と

思ったのを覚えています。

私立大学の場合

一般受験:約30,000円~訳35,000円

センター利用入試:約15,000円~20,000円

国公立大学の場合

一般受験:約17,000円

いかかでしょうか。

意外とかかりますよね?

一概には言えませんが、

こうした受験料や試験の際の

交通費などを含めると

平均して約231,000円ほど

かかると言われています。 

 

今回のブログで

僕が皆さんに伝えたいのは、

例え第二志望でも、滑り止めでも、

過去問対策は適当に行ってはいけない!

ということです。

時間は自分の物ですが、

高校生の多くにとって、

お金は自分の物ではありません。

受験料もそうですし、日ごろ予備校で受ける

授業も大切にしてほしいと思います。

 

あと、修了判定テストをためている人も

ちゃんと終わらせましょう(笑)

 

赤本も結構かかりますよね!

写真の通り、校舎にはいくらか在庫があるので、

担任助手に声をかけてくだされば貸出します。

 

曳村