自宅で勉強するときの切り替え方 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 4月 27日 自宅で勉強するときの切り替え方

こんにちは

コロナのせいで気持ちが萎えている

山田です

みなさんは

1日中ずっと家にいると

心が落ち込んできませんか?

でも、今は我慢の時。

もう少しみんなで頑張りましょう。

さて、今回のブログのテーマは

「自宅で

勉強するときの

切り替え方」

みなさんは家で勉強に集中できますか?

正直に言います。僕は集中できません。

まぁ家では勉強できない人が

大半なのではないでしょうか

だからこそ、塾というものも

多く存在しているような気がします

では、そもそも人間の集中力って

どの程度持つものか知っていますか?

学校の授業が50分だから50分?

はたまた個人差で変わる?

結論を言うと

もちろん個人差はありますが

大体15分程度と言われています

つまり、15分経つと集中力が

低下してしまう人が大半なのです

なので

まずは家で長時間集中できないから

といってマイナスに捉えないでください

持たなくて当たり前なんです

ちなみに

学校の授業の時間は

45分や50分、90分などありますが

あれは慣習的なもので

特に科学的根拠に基づくものでは

ないらしいですよ

さて

普通長くは持たない集中力

すぐに切れてしまう集中力

これを

長時間持たせる方法があります

正確には

「高い集中力を維持したまま

長時間勉強する方法」

があります

それは何かというと

「勉強時間を

細かく区切ること」

です

15分程度しか

高いレベルで集中力が持たないのであれば

15分やって2分休憩するという風に

細かく休みを挟んであげます

もっと言えば

15分と決められた時間勉強しなくてもいいです

”大体”15分やればいいんです

そして、”大体”15分経ったら

どんなにキリが悪くても

一度そこで手を置いてください

もちろん

「今、集中している!

」と実感しているのであれば

15分以上やってもらって大丈夫ですが、

集中力が切れている状態で

勉強を続けても

効率が悪いだけです

「そんなこと言っても

キリが悪いところでやめたら

何やってたか忘れてしまう」

と思う人もいるかもしれません

そんな人はテレビを思い出してください

1時間のテレビ

CMは“大体”15分に1回、2,3分入ります

CMが明けたあと

テレビの内容を忘れているでしょうか?

忘れていない人が

多いのではないでしょうか

つまり、どんなにキリが悪くても

2,3分の休憩であれば

内容を忘れることがないのです

それよりも

低い集中力で

学習を進めることの方がデメリット

ここまでごたごたと言って来ましたが

とりあえず覚えていてほしいことは

「集中力はそもそも長時間持たない」

「集中が切れたなと感じた時点で

どんなにキリが悪くても

2,3分の休憩を入れる」

「低い集中力で長時間やるよりも

高い集中力で小分けに勉強を進める」

これらが

自宅でも勉強に集中できる

1つの方法だと思います

ぜひ、一度試してみてください

コロナが受験のピンチとなるか

チャンスとなるかは

皆さんの自宅での学習に

かかってきます!

 

丁寧に手洗いしましょう!

 

過去の記事