受験生時代の一日 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 7月 10日 受験生時代の一日

こんにちは!

川井です。

最近よく登場しますね(笑)

 

今日のテーマは

フリーなので、

受験生時代の

一日一日の過ごし方を

紹介したいと思います。

 

まず、朝は

必ず音読をしていました!

 

人前で音読するのは恥ずかしかったため

朝少し早めに学校に行き、

誰にも見られない時間に

ひたすら音読していました。

音読をした後は授業が待っています。

僕は

学校の授業は

必ず起きて聞いていました!

 

学校の授業では

受験の基礎中の基礎を

教えてくれるので、

復習として

使っていました。

周りには寝ている人も

いましたが、

周りが寝ている間に

「もっと差をつけてやる」

と思って勉強していました。

 

学校はお昼に終わったので、

13時には必ず

校舎に来て

閉館まで勉強していました!

毎日勉強する際、

気を付けていたのは

予定通り進めること

です。

僕は、東進で

月に一度の

合格指導面談で、

一か月どう勉強していくかを

決め、

その方針を

週に一度の

グループミーティングで

日ごとに落とし込んでいました。

それは皆さんと全く同じです。

でも最近、

皆さんの様子を見ていると

その日その日でやることを決めているなぁ

と思います。

(もちろんしっかりできている子もいますよ)

その日の思い付きで

勉強していると

必ず勉強に

偏りができてしまいます。

 

なので、

必ず合格指導面談で決めたことや

合格設計図を基に

きちんと

週間予定シートを書き、

きちんとその予定を

守りましょう!!