校舎からのお知らせ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

校舎からのお知らせ 

2018年 7月 29日 入学説明会実施中!

2018年 7月 23日 門前仲町校からの挑戦状-英語ー

門前仲町からの挑戦状
~Challenge from Monnaka  English Ver.~
 
 
 
問:以下の英文を和訳してください
 
When in the Course of human events, it becomes necessary for one people to dissolve the political bands which have connected them with another, and to assume among the powers of the earth, the separate and equal station to which the Laws of Nature and of Nature’s God entitle them, a decent respect to the opinions of mankind requires that they should declare the causes which impel them to the separation.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
解答 例
 
人類の歴史において、ある国民が、他の国民とを結び付けてきた政治的なきずなを断ち切り、世界の諸国家の間で、自然の法と自然神の法によって与えられる独立平等の地位を占めることが必要となったとき、 全世界の人々の意見を真摯に尊重するならば、その国の人々は自分たちが分離せざるを得なくなった理由 について公に明言すべきであろう。(アメリカンセンターJAPANより。https://americancenterjapan.com/aboutusa/translations/2547/)
 
 
解説
 
この文章、どこかで見たことのある人もいるのではないでしょうか?
これは、1776年にトマス・ジェファソンによって執筆された独立宣言(The Declaration of Independence)です!!
今回、このブログで初めて独立宣言を見た人もいるかと思いますが・・・
どうでしたか?かなり複雑な英文ですよね。
実は、この時代では、
このように接続詞や並列構造を多用した、
なかなかコンマで文が切れない英文というものが
「良い英文」とされていたのです!
最近ではここまでごちゃごちゃした文章は
あまり見かけないですが、
英文和訳の問題の難しめのものなら、
こういう文章を訳させることもありますね。
この時代の英語には、
いまでは形が変わってしまったり、
使用頻度が低下してしまったような単語が
含まれていて余計に難解ですが、
文法的に入り組んだ文章の構文把握の練習材料としても使えるのではないかなと思います。
英語力に自信のある人は試してみてください!!
 
 
さらに、あまり受験に関係のない話ですが、
アメリカ人にとって
独立宣言はとても大切な文書です。
彼らの国の礎となる思想が
独立宣言には詰まっています。
多くのアメリカ人は
彼らの国を誇りに思っています。
教養のあるアメリカ人は
皆この文書の内容を知っていると言っても
過言ではありません。
皆さんはこれから英語を学んで社会に出て、
何度もアメリカ文化圏と触れることでしょう。
今回はほんの一部のみの掲載でしたが、
独立宣言の内容を知ること、
可能ならば暗唱までできるようになること、
これはこれから社会に出ていく日本人にとって、
将来必ず役に立つときが来る
教養ではないでしょうか?
皆さんには、受験が終われば忘れてしまうような無機的な知識より、未来に向けた、生きた教養を身につけていただきたいです。
 
以上、門前仲町校からの挑戦状―英語Ver.―と、
「教養」についての話でした~
次回は現代文です。お楽しみに。
 

2018年 7月 20日 本日夏期招待講習3講座締切!

 

2018年 7月 16日 夏休み特別キャンペーン

2018年 7月 12日 夏期特別招待講習4講座締切本日!