3月 | 2019 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ 2019年03月の記事一覧

2019年 3月 31日 ラストメッセージ 瀧澤ver.

 

みなさん、こんにちは!
改めまして、瀧澤瑞季です。
今日は
ラストメッセージということで、
もんなかのみんなに向けて
最後にメッセージを
書こうと思います!

初めてもんなかに来た時から
もう3年が経ちました。
留学に行っていたので、
実質2年間ですが、
本当にいろんなことを
学んだ3年間だったと思います。
その中でも
担任助手をやったからこそ感じた、
自分が第一志望に受かった理由を
話したいと思います。

私は、高校受験に失敗して
行きたくもない高校に
通うことになって
大学こそは絶対東京の
行きたいところに受かる
という下剋上精神で
部活にも入らず、
高1から東進に通っていました。
1年間留学したいという気持ちと、
自分が今まで
関わったことのないような人と
関われる環境に行きたい、
そして
英語を、ではなく
英語で何かを学びたいと思い、
早稲田の国際教養学部を
目指していました。

これだけ聞くと、
なんだか意識の高い
すごい高校生のように聞こえるけど
全然そんなことなくて、
やる気をなくしたり
さぼったり
朝なんて
弱すぎて何度も寝坊したし…

じゃあ何で最後
結果を出せるくらい
粘れたか。

たしかに
私の年はみんなの年に比べて
受かりやすかったのはある。
奇跡って言われれば
それまでかもしれない。
けど、
担任助手になって
いろんな生徒の受験を
見てきて、
私が、というか
受験生活に満足していた人たちが
他人よりもできていたのは
あるとしたら、3つ。

できない言い訳をしなかったこと。

自分のことは
自分で責任を持っていたこと。

切り替えが早く、
前向きにとらえるよう努力したこと。

結局
目指すのも
勉強するのも
最終的に受験するのも
全て自分です。

人のせいにしたり
逃げたりしたくなる時も
あるけど
そういう弱い部分も
自分だと認めて受け入れて
そこからどう行動するかで
結果は変わってくると思う。
たとえ、思ったような結果が
出なかったとしても
その強さは
絶対そこから先も
生きてくると
思います。


長々と話しましたが、
みんなにも
受験勉強を通して
単純な結果以上に
何か大きなものを
得られる経験を
してほしいと思っています。

とくに担当生徒のみんなの受験を
一番近くで見られないのは
少し悲しいですが、
いい結果と
それ以上に
今よりもずっと成長したみんなの姿を
楽しみに、
私も頑張りたいと思います。

今まで本当に
ありがとうございました。
ずっとずっと応援してます。


↑太宰府天満宮で書いてきた絵馬
ご利益あるはず!!


瀧澤



 

2019年 3月 31日 第一志望校を決めよう!



こんにちは、
最近よく登場する
瀧澤です(笑)

今日は、
第一志望校の決定に関して
話していこうと思います。

もうすでに決まっている人は
しっかりと理由が明確かどうか
名前や場所だけで選んでいないか、
もう一度確認してみてほしいです。
たしかに、名前や場所も大切です。
ただ、受験期本当につらくなった時に
それだけの理由だと、
いくらでもレベルを下げることが
できます。
強い志望動機がある人ほど
最後の粘り強さで
合否が変わってくることも
あるので、
ここじゃないと
行きたくない!というくらい
明確化することをおすすめします。

では、
次に決まっていない人。
上に書いたように、
志望理由をしっかりともつことで
最後の踏ん張りが効くというのも
志望校を決めてほしい理由の一つですが、
もう一つ大きな理由があります。
それは
最終到達ラインを
早めから決めるためです。
先日、
過去問体験会に参加して
過去問を解いたことがある人も
いるかと思いますが、
本当に
大学によって、学部によって
出題傾向は様々です。
最終的に自分がどのような問題で
点数をとらなきゃいけないのかを
理解していない状態で勉強をしていても
効率が悪いと思いませんか?
今はまだ
基礎固めやセンターレベルの対策を
している時期だから
関係ないと思われがちですが、
今から意識して勉強することで
いざ実際に過去問演習に入った時に
そこで初めて傾向を知って
ここの部分をもっと基礎から
やっておけばよかったと思うより、
少しでも意識して学習していき、
過去問演習に臨んだ方が
あとで後悔しないはずです。

とくに最近、
私大の入試が難化傾向にあります。
第一志望校だけではなく
併願校の対策も十分にするために
実際の入試を意識した学習
心がけましょう。

↑学校を休んで写真を撮りに行き、ずっと待ち受けにしていた写真


瀧澤



 

2019年 3月 31日 春休みの過ごし方

こんにちは、瀧澤です!
今日で3月が終わりなんて
信じられませんね、、、
暖かくなるのは嬉しいですが、
ずっと休みであってほしいと
思ってしまいます、、、

さて、今日のテーマは
春休みの過ごし方ということで、
私の高校時代の
春休みの過ごし方について
反省点も含め、
話していきたいと思います。

高3になる直前の春休み、
これでもう受験生になるんだ…
危機感を感じた私は、
いける日は毎日東進に
通いつめていました。
目標や計画を立て始めたのも
この時期です。

このグラフを見て、
自分がまだ早慶ルート
到達していないこと、
そして4月から本格的に
みんなの成績が伸び始めていることを
HRで知って、
このままだとまずい!
と本気で思い、
何かを変えようと考えたときに、
自分の勉強が
すごく単発的であることに
気が付きました。
合格報告会
志望校に合格した先輩に
話を聞いたところ、
目的を持って、
逆算した計画を立てて
勉強できているかが
大きなカギになると
教えてもらったので、
それを実践をしようと思ったのが
きっかけでした。

具体的に春休みにやったことは、
古文漢文の強化
英語の基礎固めです!
恥ずかしながら、
高1から東進に通っていたにもかかわらず、
高速基礎マスターを完璧にしておらず、
完全修得で満足してしまっていたので、
繰り返しを毎日実施することと、
全く手をつけていなかった
古文と漢文の問題集を2周することを
目標として計画を立てました。

結果として、
4月のセンター試験本番レベル模試で
早慶レベルのライン超えをし、
基礎を固めたことで
英語も早いうちから
私大レベルの
長文対策に進むことができました。

受験生になる前の最後の春休みだから
遊びまくりたい気持ちもわかりますが、
とくに志望校レベルのラインに
到達していない人!
ラストチャンスです!!!
あとで苦労しないためにも
今から始めましょう!

瀧澤 

 

2019年 3月 31日 ラストメッセージ~髙橋(浩).ver~

皆さん、こんにちは!担任助手の髙橋(浩)です。

明日は4月1日!エイプリフールでもあり、新元号が発表される日でもあります。新元号何になるか気になりますねー!

そんなことさておき、今回のテーマは「ラストメッセージ」です。

ブログを書くのも今回で最後となります。私は3年間何回もブログを書いてきたのでこれで最後と思うと少し感慨深いですね…

 

私の好きな言葉に「No pain, no gain」というものがあります。訳し方は色々あるので是非調べてみて下さい。伝えたいことは「何の苦労もせずに得られるものは何もない」ということです。部活で大会優勝も目標に頑張っているとしましょう。練習せずに、目標を達成することができますか?出来ませんよね?達成するためには相応の努力が必要になります。目標を達成した人というのは人一倍努力を重ねてきた人です。

受験勉強も同じです。勉強せずに第一志望校に合格することはできません。第一志望校に合格するために勉強するんです。単に「勉強する」と言ってもただやればいいというわけではなく人よりも勉強しなければいけません。大学受験は限られた枠を勝ち取るために大勢の浪人生含めた受験生がいます。その中で合格を勝ち取るためには他の人と同じではなく、より多くやるべきです。遅れを感じているならなおのことです。

部活生の人は受験勉強を始めるのが遅くなる人もいるでしょう。でも、最後まで決して諦めずに努力し続けて下さい。受験勉強を早期に始めることは確かに大事です。より多くの時間があり、より勉強できます。じゃあ、受験勉強の開始時期で合否が全て決まるかというと、そういう訳ではありません。

「始めるのが遅かった」なら、残りの限られた時間を死に物狂いで他の人よりも2倍3倍こなせばいいんです。合否を決定するのは試験の出来不出来のみです。大学側からしたら、それまでの過程は正直関係ありません。試験日に間に合わせればいいんです。

だから、試験が終わるそのときまでは絶対に諦めないで下さい。

厳しい話、努力したから必ず結果がついてくる訳ではないです。でも、努力しなかったら絶対に結果はついてきません。努力すれば結果が出るかもしれない、可能性を高めることができます。

常に努力することを怠らず、試験が終わるその時まで諦めず頑張り続けて下さい。

門前仲町校の担任助手の先生は皆さんが頑張る手助けを必ずしてくれます。いい人たちばかりなので。

でも、勉強をするのも試験を受けるのも皆さんだということは忘れずに。

皆さんが第一志望校に合格できることを心より願っています!

髙橋

2019年 3月 29日 千題テストの復習法☆

こんにちは、瀧澤です!
もう3月も終わりなのに、
今日は冬に戻ったような寒さで
一瞬外に出るのを
ためらいました、、、
早く、春のような暖かさ
毎日続く日々がくることを
願っています、、、


さて、今日のテーマは
千題テストの復習法ということで、
みなさんが明日受ける
千題テスト受験後に
何をするべきか
お話したいと思います!

まず、
せっかく1日かけて解いたテストを
そのまま放っておくのは
本当にもったいない!!!

おすすめの復習法は
何度も自分で
千題テスト会を開くこと!
どんどん時間制限をしていって、
間違えたものに関しては
しっかりと一つのノートに
まとめておくことが
大切だと思います。

これと似たような問題を
高3生は大晦日
もう一度受験します。
それまでに
少なくとも今回のテスト分は
満点を取れるようにしておくと
英語の基礎に関しては
不安なく本番に臨めると思います。

この機会を無駄にせず、
まずは全力でしっかりと解いて
今後の学習内容に
取り入れていきましょう!

瀧澤