この時期の勉強について | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 10月 26日 この時期の勉強について

こんにちは、曳村です。

今日は、この時期の受験生の勉強について

お話したいと思います。

 

センター試験まで残り3ヶ月を切った今、

受験生にとって最も優先度が高いのは

過去問演習です。

東進の受験生は、この時期に

過去問はもちろん、

受講に答練、単元ジャンル別演習など

やることが多すぎて

偏ってしまうこともあると思います。

しかしながら過去問演習には

莫大な時間がかかるので、

しっかりと予定を立てて

それを守っていきましょう。

 

また、この11月は受験生にとって

選択科目の完成を目指す時期でもあります。

文系生徒の場合は、最低でも

12月最終センター試験本番レベル模試までに

完成させたいところです。

 

また、文系生徒には

年内の完成を目指すにあたって有効な

地歴公民千題テストという

イベントが12月にあります。

この地歴公民千題テストでは、

記述式の問題に取り組むことで

苦手な範囲を再認識したり、

実は苦手だったというような

新たな課題を見つけたりすることを

目的としています。

当日は各パートごとに

ランキングが集計されるので、

イベント感が強いですが、

肝心なのは実施後の復習です。

センター試験本番レベル模試の一週間前に

実施するのにもそういった意図があります。

この問題冊子は復習する際に

情報を書き足したりすれば、

受験本番前に重要な知識を確認できる

大変役に立つものになるので、

是非活用してみてください。

 

曳村