併願校の決め方や対策についてver山納 | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 11月 3日 併願校の決め方や対策についてver山納

こんにちは。山納です

本日は併願校の決め方や対策についてお話しさせていただきます。

僕は現在早稲田大学の文学部に通っているのですが

もともと第一志望校は千葉大学でした。

早稲田はどちらかというと

チャレンジ校で

受かったらうれしいなという感じで受けました。

併願校はMARCH(中央を除く)と東洋大学を受けました。

千葉大や外語大などの上位国公立を受ける人は

やはりMARCHを併願校にすることが基本です。

うまくいけば共通テスト利用でこれらの大学から合格を

いただけるので、共通テスト利用も一応出しておきましょう。

日東駒専は共通利用で合格をもらえるように頑張りましょう。

対策としてはもちろんですが過去問です。

僕は比較的立教へ行きたかったので

立教の過去問を7年分くらい解いて

他の大学は年分くらい解いていました。

この時期は高3は傾向を知るという意味でも

とりあえず演習を積みましょう。

過去問が半端な状態のまま

入試に挑むと足元をすくわれるので

気を付けましょう。

明日は嶌田先生です。

とても参考になる話をしてくれると思うので

ぜひ見てねー(笑)