共通テスト後の切り替え~床嶋ver.~ | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 1月 22日 共通テスト後の切り替え~床嶋ver.~

こんにちは

 

共通テストが終わって早くも

数日が経過しています。

受験生のみなさん、

頭の切り替えはできているでしょうか。

私は当時切り替えが

できなかった部類なので、

その経験談も交えて、

「良くても悪くても

切り替えなきゃいけない」

ということを伝えようと思います。

 

私は第1志望が早稲田大学でした。

つまり今通っている東京都立大学

(当時は首都大学東京)

は第2志望というわけです。

同時に第3志望は東京理科大学です。

センター試験が終わった際、

例年通り学力POS

合格可能性の判定が出た訳ですが、

そこで首都大A、理科大セン利Cでした。

正直、行きたい大学で

良い成績を出してしまったばかりに、

担任助手に「気持ちを切り替えろ」と

言われ続けても舞い上がっておりました。

その結果どうなったかというと、

理科大一般不合格、早稲田不合格、

ついでに理科大セン利も不合格です。

気持ちが落ち着かない、

勉強に手がつかないばかりに、

1番大事な直前の時期を

無駄に過ごしていたと、

今は思います。

 

共通テストが終わった今から

受験終了まで、現役受験生は

最も重要な岐路に立たされています。

現役生は最後まで伸び続けると

よく言われるように、

これからの時期の一分一秒は

集中すればグングン成績が

伸びるでしょう。

しかし、

実際のところは

そうでない部類の受験生が

大半を占めます。

すなわち、

最初の試験が終わって

気が抜ける受験生です。

こうなってしまっては

1mmも成績は伸びません。

私のように。

 

今このブログを見てハッとなった受験生。

まだ間に合います。

気持ちを切り替えましょう。

もし切り替えられない、

浮ついているという人がいれば、

是非スタッフに相談してください。

床嶋