夏休みにやっておくと良い勉強 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 7月 10日 夏休みにやっておくと良い勉強

こんにちは

期末試験を控え、生徒と夏休みを

見据えた面談をしつつも

夏休みまでまだまだ長いなぁと

嘆息する日々を送る床嶋です。

今回は夏休みにやっておくと良い勉強

というテーマにしました。

ところで、中高生の殆どが

「宿題だけで夏休みの勉強は

終わってしまう」

傾向にあると思います。

それだけでは勿体無い。

もっと勉強してください。

そう言いつつもなかなか

取り組めないのが現実ですね。

長続きしない勉強の1つの要因として、

「達成感のあるゴールを決めない」というものが

あると思います。

例えばあなたが、

ある問題集を夏休み中に一周しよう!

と決意したとします。

 

問題集を一周した先に、

何が得られるでしょうか。

 

もちろん、問題集を一周した分の

知識は得られると思います。

しかしそれは、

テストの点数にしたら何点増えたのか?

一体どれほど自分に利益があったのか?

具体的には言えないのではないでしょうか。

このような具体性のないゴールは、

大多数の中高生のやる気を削ぎます。

じゃあ何をすれば良いのか、という話ですが

点数ベースの目標を立てれば良い。

これが私の、ひいては東進の答えです。

目標点数を設ければ、それに向かって

何をどのくらい勉強すれば良いか

自然と見えて来ますし、

やる気も持続します。

スポーツテストで例えるなら、

シャトルランよりも持久走の方が

得意な人はまさにこれですね。

センター過去問などで是非、

一度試してみてください!

 

 

 

東進は夢を創るイベントとして、こんなこともやってます。