模試直後について | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 8月 8日 模試直後について

こんにちは
8月も早いもので
もう1週間経ってしまいました。
8/22の模試まであまり日がありませんね。
もう1度、模試までに
なにができるようになればいいか
考えましょう。

さて、

今回のテーマは
模試直後について、です。

東進の模試は、
他の模試とは受ける目的が
少々違って紹介されるのは
ご存知でしょうか。
それは現状の学力の確認だけでなく、
今後の学力upの方針になる、
ということです。
その為に東進模試の帳票は
あんなに分厚いのです。
模試や帳票を具体的にどう使うのかは
各スタッフに聞くといいと思います。
1点だけ最重要事項を記しますが、
それは模試を受けたら
すぐ解き直すべきということです。
スタッフからは耳にタコができるほど
聞くと思います。
ですがそこには立派な理由があります。
それは、自身がどう間違えたか
知ることができる点にあります。

しかしそれは、
模試を解いてすぐの復習でないと
効果と意味がありません。
例えば
みなさんは
1週間前の夕食が思い出せますか?
私は昨日の夕食も思い出せませんが、
意識しない記憶など
本当にすぐ忘れてしまいます。
ですが、

その「なぜその選択肢を選んだのか」

という無意識の記憶が大切なのです。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」
という言葉があるように、
模試や入試の出題傾向だけでなく、
自身の傾向も知る必要があります。
例えるなら、
「この問題でこの選択肢を選んだのは、
こう覚えていたから。
でもこれは間違えて覚えていて、
なぜ間違えて覚えていたのか…
語呂合わせだけ先行して覚えて
肝心の中身を間違えていた…」
と言った感じです。
ミスには必ず理由があり、
それを改善しない限り
いかに学力が高かろうと
またそのミスを繰り返します。

これで模試の即日解き直しの重要性が
伝われば幸いです。

 

床嶋