第一志望校対策について 高矢ver | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 8月 2日 第一志望校対策について 高矢ver

こんにちは!高矢です

8月も二日目ですね!

 

そろそろ門前仲町校の生徒は、

第一志望の過去問に手をつけ始めていると思います!

なので、

今日のテーマは「第一志望校対策について」です

 

 

 

第一志望の過去問を解いてみてどうでしたか?

 

受験生の時、初めて過去問を解いたとき、

余りの難しさに受験が恐ろしくなりました。

数学は各大問の1問目はとれると学校の先生に言われていたのに、全く手が動かない。

英語は知らない単語ばっかり並んでいてとても読める気がしない。

自信のあった物理化学でも4割も取れない。

こんな状況で6か月後の受験当日には、

合格点を取らないと第一志望の大学に行けない。

同じように

不安になっている生徒に向けて書きたいと思います。

 

 

当たり前のことですが、

今解いたレベルの問題を入試本番には一人で解くことになります。

各担当は間違いなく自分の担当生徒が合格して欲しいと思ってるし、

出来ることなら本番の入試も支えたいです。

しかし、

本番はテキストを見返すことはできないし、

質問することもできません。

この問題を今まで蓄えてきた知識や解き方だけを頼りに解くことになります。

 

でも、苦手なところを固めたり、演習量を積んだりすることは、

あと6ヶ月できます。

まだ時間があります。

自分の第一志望のためだけに時間を十分に割くことのできる夏休みを

有意義に使ってください!

 

無理だと思っても絶対に諦めないでほしいです。

今過去問を解くのは、現時点で合格点を取るためではないです。

合格点を本番取るために、何が必要なのかを自己分析して、

今の点数を合格点に近づけるために過去問を解いています。

過去問が難しいからといって、

苦手な教科を避けてしまったら、復習を適当にしてしまってたら、

過去問を解く意味がありません。

なかなか点数が伸びない科目こそ、

過去問を解いてどこが足りないのかを考えてみてください!!

 

具体的な復習方法をブログ内に書けなかったので、

復習方法がわからないという人は受付で聞いてください!!!

明日は嶌田先生で同じく第一志望校対策についてです!