過去問演習の意義 | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2021年 8月 29日 過去問演習の意義

 

こんにちは!
もう8月も終わりますね.
夏休み,充実したものになっていますか?
残り数日となった夏休み,
悔いのないものになりますように!

さて,今回のテーマは
「過去問演習の意義」
です!

過去問演習,進んでますか?
いままで
共通テスト,
第一志望校
と過去問を解いてきたと思います.

さて,ここで質問です

大学の過去問は
誰が作っているでしょうか?

 

答えは
あなたの行きたい大学の教授です.
大学の過去問は
言うなれば
大学の先生からのメッセージです.

この問題が解ける人がほしい,というものです
大学によっては教授の癖が出ている
過去問もあるそうです.

そんな教授からのメッセージ
雑に扱うようでは
合格することはできません.

決して簡単なものではありませんし,
最初はうまく得点できないかもしれません.
しかし,たくさん演習することには
必ず意味はあります!

これから第二志望校以降,
第一志望校2周目
とたくさん過去問演習することになります.

1つ1つ
大事なものと捉えて演習してくださいね!


明日のブログは引き続き
「過去問演習の意義」
で森先生です!