首都大(荒川キャンパス編) | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 7月 2日 首都大(荒川キャンパス編)

こんにちは~

今日は大学紹介ということで

前回は

首都大の南大沢キャンパスについて紹介したので

今回は私の通っている

荒川キャンパスについて紹介

したいと思います。

正直にいうと、今でもとっても

南大沢キャンパスに通っていた頃の

生活に戻りたいと毎週に思うくらい

とっても勉強が大変なところで

首都大生には隔離病棟と呼ばれています…

 

勉強はとても大変ですが

専門的なことを学ぶのにはとても適している

環境だと思います。

私は看護学科なのですが

基礎的な技術を学ぶために看護演習室が

領域(母性、在宅、基礎など)ごとに分かれていて

道具もあるのでたくさん練習することが出来ます。

図書館も医療系の専門書が豊富

他の図書館にはないような本がたくさんあります。

テストや課題で忙しいときは

ほぼ毎日勉強しています。

また、放射線学科用にMRIなど

がおいてあり

最新技術を修得することが出来ます。

 

またここの学部に通っている

健康福祉学部は

全学科実習があり、

病院を始めとする施設で、実際の患者さんや

専門職の人と関わり

より専門的なことや授業ではわからないことなど

様々なことを学べます

正直

大学生は遊んでいるイメージが多い人も

いるかも知れませんが

正直受験生より勉強しているんじゃないか

と思うくらい医療系は大変だと思います(-.-)

 

夢を叶えるために

通らなければいけない道ですが

後悔しないよう頑張りたいと思います

ちなみに他の学部の人みたいに

遊びたいので

課題は猛スピードでやっています笑

写真は荒川キャンパスの食堂です。