マネジメントのお話 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 2月 27日 マネジメントのお話

こんにちは、曳村です。
 今回はマネジメントについて
お伝えしたいと思います。

新たに受験生となる現高2生の皆さんは
勉強用の手帳、それに準じるものは
持っていますか?

受験勉強を本格的に始める前に、
1冊用意しておくと
たくさんメリットがあるので
今回はそれについて
お伝えしていこうと思います〜

まず1つ目は
受験のスケジュール感が身につくこと
これはそもそも手帳なので
当たり前ですが、
手帳を使うことで
行き当たりばったりで勉強することは
まずなくなります。
東進生だったら、受講や修判の予定、
そして学校の定期考査などを
書き込んでおくと
いいんじゃないかと思います。

2つ目は
モチベーションの維持が見込めること
例えば、2月下旬から3月など
受験が終わる時期に、
卒業旅行や遊ぶ予定を
書き込んでおいたりするだけでも
それを楽しみに今を乗り切ろう
と言った感じで、
私にとっては
かなりいい感じに働きました。
その他、模試の感想や反省などを
書き込んでもいいかもしれませんね〜

3つ目は
記録として残しておけること
受験勉強は誰にとっても、
大変な量の努力を必要とするものです。
そしてそれはその後の人生の節々でも
思い出されて、自信を与えてくれるような
非常に大きな経験になります。
そんな受験勉強の記録を残しておけば、
見返したときに自分の原点に
立ち返れることでしょう。

いかがだったでしょうか?
もちろん、作る作らないは
自分次第ですが、
是非作って欲しいと思います〜