6月 | 2018 | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ 2018年06月の記事一覧

2018年 6月 30日 化学の土台の完成のために。

こんにちは!
担任助手の髙橋(浩)です。
梅雨に入ったというのに、
真夏日が続きます。
暑すぎて私はもう参りそうです‥‥
 
そんなことはさておき、
今回のテーマは
「おすすめの参考書&勉強法」です。
私は化学科なので、
化学の参考書について、
紹介しますね。
私がおすすめする参考書は
数研出版が出している
「化学重要問題集-化学基礎・化学」です。
 
 
この問題集は
ある程度世の受験生に
知られているのではないでしょうか?
みんなが使っている=評価が高い!
ということですね。
食べログなどの口コミの数が
多いのと一緒です笑
 
この問題集は
全ての単元を網羅しており、
難易度も
標準から発展レベルまであります。
この問題集を
完璧にこなせるようになれば、
化学の土台は完成したと言っても
過言ではありません!
 
この問題集は
最低2周以上やることを
おすすめします。
1周目は
わからない問題に関しては、
解答を見てもいいと思います。
そこで、考え方を学んで下さい。
大事なことは解答を見て終わりではなく、
実際に自分で
手を動かして解くことです。
 
 
今回は
この問題集を紹介しました。
しかし、人によって
状況が異なります
必ずしも
その人にに合うとは限りません。
自分に合っているかどうか
しっかり、吟味してみて下さい!
 

 

2018年 6月 29日 私のおすすめ参考書&勉強法!小島VER

こんにちは!!

 

6月ももうそろそろ

終わってしまいますね!!

ここから皆さんを待ち受けるのは

「受験の天王山」

と言われる夏ですね!

学習計画

しっかり立てられていますか?

夏休みは勉強できる時間が多いのでやることや期限を明確にすることがとても

大事になってきます!!

 

まだ計画が立てられていない人は早急に立ててしまいましょう☻

 

さて今回のテーマは「おすすめの参考書&勉強法」です!

夏休みに文系の人は社会の暗記が課題になる人が多いと思うので、

私がおすすめするのは

 

斉藤整先生が出している 『世界史B 一問一答』  です!!

 

この参考書の良いところは

①受験に出てくる世界史の用語が全部載っている

重要度がひと目でわかる

 

の2点があります!

 

この参考書すごくおすすめなのですが中にはこの参考書をまだ

やらないほうがいい人もいます!!それは世界史の流れが全くわかっていない人!!

単語の暗記になってくるのでこれだけやっていると世界史においてすごく大切な

横のつながり縦のつながりが曖昧になってしまいます!!

必ず、教科書などで流れを理解してから一問一答の学習に進んでくださいね☺

 

流れが理解できていたらこの一問一答を使って知識を定着化していきましょう!!

オススメの勉強法は…

 

①まずは星3と記載されている超重要事項だけ暗記を勧めていきましょう。

②2周目で星3星2を同時並行で暗記を勧めていきましょう。

③間違えたところには付箋を張っておいて何周もしましょう。

 

ポイントははじめから全てやるのではなくて頻出のものから暗記をしていくということです!!

 

この夏にどれだけ社会科科目を固められるかは合格の鍵になってきます!!

みなさんがんばりましょう!!

 

小島

 

 

2018年 6月 28日 化学のおすすめ問題集

こんにちは!

浜西です。

 

今回、僕がお勧めする参考書は

「化学 一問一答」です。

一問一答シリーズ

よく耳にすると思いますが、

今回は僕が使ってみて良かった点

2つ紹介したいと思います。

 

良いところ一つ目

「カバー率の高さ」

ご存知の人も多いと思いますが、

一問一答のセンターカバー率は

ほぼ100%です。

全てを覚えると

センター100点間違いなし!です。

しかも一問一答に乗っていない問題を

自分で作って書くこともできるので

とても良いです。

 

良いところ二つ目

「手軽さ・覚えやすさ」

 

まず、一問一答のサイズ感が絶妙

持ち運びもしやすく、

電車内でも気軽に暗記ができます。

また、章ごとに分かれていたり、

単語ごとの索引があったり、

などもあるため、

覚えやすい構成

なっていると思います!

 

今回紹介した一問一答は

受付の棚にもあるので

ぜひ使ってみてください。

次の模試の化学の点数、

期待しています!

 

浜西

 

 

 

2018年 6月 28日 現代文の勉強法がわからない君へ。

みなさん、こんにちは!

年中熱いと言われる春原です!


6月ももう終わりますね!!


7月に向けてガツガツいきましょう!!


 

さて、

今回のテーマは

「おすすめの参考書&勉強方」

ということなんですが、

その前に…


みなさん、


一番勉強法がわからない教科はなんですか?


一番点数が安定しない教科はなんですか?


一番センスが大事だと

思われがちな教科はなんですか?

 


恐らく最初に思い浮かぶのは

「現代文」ではないでしょうか?


確かに、現代文はセンスだなんて言葉、

本当によく聞きます。


では、勉強しても無駄なのか?

やり方はないのか?



答えは「否」です!


そしてそれを証明するのが、

今回僕がおすすめする参考書、

現代文の勉強をはじめからていねいに

(東進ブックス)』

です!!


中身を説明すると書ききれないので

簡単に説明しますと…


これまでの現代文に対する固定概念

吹っ飛びます!


現代文とは何か、

どう勉強すればいいのか

現代文を学ぶ意味…


全て理解できると思います!


もちろん、あくまでもこの参考書の本旨は

「勉強法」です。


読んだだけでは点数は上がりません。

この本を読んだ後にやる内容

重要になってきます。


しかし、

現代文に関しては

何をしていいかわからない

という方にとっては、

この参考書の威力は計り知れないと思います。


是非、手にとって見てみてください!

 
 

 

 

2018年 6月 27日 オススメの勉強法!床嶋はこれで受かりました!!!

 

 

 

 

 

雨が続く季節ですが、みなさんはどう過ごしてますか?

僕は毎日京王線の遅延と戦ってます(笑)

 

さて、今回は「オススメの勉強法」です!

 

突然ですが、問題集をいつ使うか

悩んだことはありませんか特に理系

まだ覚えきれていないのに問題集に行っていいのか?

はたまた覚えるために問題集を無理やり解くべきなのか?

僕はかなり悩みました。毎年この時期、

多くの人がこの悩みを持っていると思われます。

なので僕なりの解決方法を2つ教えようと思います!

 

「まず教科書で範囲を一周すること!」

「その上で問題集を使って解きまくる!」

 

ゆっくり解説していきます。

「まず教科書で範囲を一周すること!」

悩む前にとにかく早く全ての範囲に触れましょう。

東進生は映像授業がありますね!

「その上で問題集を使って解きまくる!」

教科書を一周し、全体の雰囲気を掴んでから

問題集の問題を解いてみてください。

恐らく、簡単な数問は解けるけど

少し難しくなると途端に解けない

という状況だと思います。

理系の覚えなければいけない事項

(物理や数学なら公式・解法パターン、

化学や生物なら単語の暗記や計算方法)

というのは、

実際に導出したり、解く過程で覚えていきます

(ひたすら教科書ガン見して暗記!というのはあまりオススメできません

なので解けなくても安心してください、その状態が普通です。

むしろ、問題集でわからない部分が分かったということは、

その知識の穴を埋めていけば、

教科書をひたすらガン見してなんとなく全部暗記しようとするよりも

効率的に全て解けるようになるという事です!

最後に、

「問題集だけで全て賄えるのか」と心配している人へ

まず問題集をやりましょう。

何がわからないから悩んでる

その時間こそが勿体無い!

問題集を完璧にして、

その上でわからないものがあったら

教科書で覚えましょう!

きっと覚えなければいけない量は

ほんの少しのはずです。

(ほんの少しだけならすぐ暗記できますね!)

 

いかがでしょうか。参考になれば幸いです!

受験勉強頑張ってください!

 

 

 
 

 

過去の記事