セン本の重要性、やっておくべきこと | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2019年 8月 18日 セン本の重要性、やっておくべきこと

こんにちは、お久しぶりです、板倉です。

皆さんお盆休みはどうでしたか?

受験生の皆さんはサボることなく勉強出来たでしょうか?

さて本日は

セン本の重要性、やっておくべきこと

というテーマでお送りするんですけど

セン本がなんたるかや重要性、という説明は

今までの人が説明してくれているので

省こうと思います。そこで今回は

やっておくべきこと

というところに焦点を当てて

僕なりの考えを書こうと思います。

まず大前提としてセン本というのは

本当の意味で難しい問題

というのはほとんど出ません。

逆を言えば、センターで点数が伸び悩む原因というのは

基礎の不徹底、問題形式への不慣れ、時間配分

の3つに該当することが多いです。

よって今日からちょうど一週間でやるべきことは

1.高速マスター、確認テスト修判の繰り返し

2.今までの過去問演習でのミスや間違えた部分の確認

3.センター用の時間配分を体で覚える

の3つです。それぞれ見ていきましょう。

1,高速マスター、確認テスト修判の繰り返し

基礎の不徹底を一番最初に持ってきたのは

これが出来てないと何もできないためです。

英語で言えば単語熟語文法

古文で言えば古文単語の意味や助動詞の活用など

こういった部分の穴をなくすために

高速マスター確認テストで間違えた部分をやり直したり

テキストの復習も良いと思います。

2.今までの過去問演習でのミスや間違えた部分の確認

これも文字通りの意味です。

今までやってきた中で間違えた部分というのは

自分が分かっていない部分を表しています。

そこだけでも復習すれば学習効率は飛躍的に向上し

点数UPへと近づきやすいと思います。

またセンター形式の問題になれるという意味でも

良いかと思います。

3.センター用の時間配分を体に覚える

よくセンターの過去問をやっている生徒から聞くのが

「時間が足りない、終わらない」

というワードです。

やっぱりそれは、基礎が不十分だったり問題形式になれてなかったり

色々な原因があると思いますが、一番大きいのは

センターの時間配分で問題を解くことに慣れていないこと だと思います。

それを身につけるためには

・きちんと時間を計って解く

・可能であれば9割程度の時間で解いてみる

といったことを行うと良いと思います。

以上、長くなってしまいましたが

セン本に向けて大事なことを書きました。

これだけが全てではないですし

絶対的な正解でもないので

ご参考までに!

板倉