頑張ることの本当の意味 小島VER | 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ

2020年 1月 9日 頑張ることの本当の意味 小島VER

 

こんにちは!小島です。

 

今日は受験生のみなさんへ。

林先生の言葉ですごく好きな言葉があるので

ブログに書きたいなと思います

 

 

この一月頑張れるか頑張れないかが一生を決める

最後のひと月がんばれて合格した人

最後のひと月頑張ったけど合格できなかった人

これはいいんだ。

だけど問題は最後のひと月頑張れなかったけど合格した人。

最後のひと月がんばれた人は俺は最後のひと月がんばれた

って自信になる。だけど

最後のひと月頑張れなかった人は

「俺はひと月も頑張れない人間なのか」ってなる。

こうなるかならないかは自由だよ

 

って言う話を林先生は入試一ヶ月前の受験生に

しているそうです。林先生は続けてこういっています。

 

 

ひと月頑張れるって実はすごいこと。

ひと月頑張れる人は一年頑張れるね。

一年頑張れる人は極端な話十年頑張れる。

十年頑張れる人は一生頑張れる。

十代のうちに俺は一ヶ月頑張れるんだぞっていう自信を

持って生きるか生きないかではぜんぜん違う。

 

と!

受験生のときは合格こそ正義だと思って勉強していました。

もちろん合格はうれしい。それは今になっても変わりません。

だけど大学4年生になって、この言葉の意味がすごくよくわかります。

大学生になってなにか新しいことにチャレンジする時、

忙しすぎて挫折しそうな時、受験時代を思い出します。

そしてあの時がんばれたから今回も大丈夫って思って

行動に移すことができます。

だからみなさん今がんばれてることに誇りを持って

これからも頑張ってくださいね☺

 

小島